基本的動作 とあるべき その姿を考える  仙台 おもしろブログ

基本的動作 とあるべき その姿を考える  


仙台 おもしろブログ




a0266240_19205696.jpeg






実践的行動の考え方



つまり 屁理屈では なく あるべき姿の 背景



1 . 朝 起床 実践的 挨拶 「 おはようございます。 」


朝 鏡で 自分の顔を見て 笑顔 無理してでも 笑顔。

 朝 ゴミ出し 近所の人に 笑顔で 挨拶。


相手から 無視されても 笑顔で 挨拶。

挨拶することで 挨拶の見返りを 期待するものではない。

相手から 無視されようが なんだろうが 挨拶をする基本的考え方が 重要。




2 . 家族に 挨拶。 こちらから 挨拶。


相手から 無視されても 笑顔で 挨拶。

挨拶することで 挨拶の見返りを 期待するものではない。



3 . 道路で 車で 進路を ゆずるが 相手から 挨拶されない。

本当は 腹立つが 我慢する。


通勤途中で 後ろから かなり車間距離 詰められるが 隣の車線に

進路変更し 道を譲る。


4 . 必要以上な買い物は 避ける。 特に 食料品。


現代人は 必要以上に カロリー摂取過剰で あります。


実は 刑務所暮らしのような 生活が 現代人には 丁度良いよういです。






a0266240_19395620.jpeg





なぜか!? このような考え方に なってきたのか? 自分でも わからない。


便利に なると 人の生活が 快適になる・・



というのは なにか わかりませんが・・・ ちょっと 違う気が いたします。


心が 貧しいと 人の生活が 快適とは いえないような 気が 致します。


心が 貧しいとは どんなことだろうか?




1 . 自分たち あるいは 自分のことだけ 良しと 考える人。


利己主義的人生に 恵まれた物質的空間で 快適に 生活する人。


セレブって 言葉が 最近 よく聞きますが セレブって 何?





最高級品に ある付加価値っていうものは ブランドあれ


食材の  最高高級品で あれ 所詮その差は さほど 変わりはないのでは?





遭難した時 最高級品じゃないと 生き延びることは 無理なんですか?

最高級な ホイルじゃないと 車って カッコ悪いのか?





あるいは 最高級な ヴィンテージじゃないと カッコ悪いのか?


そんなことは ありません。



現代人という 生き物は その辺の 基本的な 考え方が


どうも みんなが 持ってるから 買うとか。・・・・


みんなが おいしいって いうから 食べてみたら 本当に おいしかった。とか


このレストラン 3星マークだとか・・・・・・・・・


今度 新しい ショッピングモール出来たから 買い物に 行くとか・・


今度 新しい テレビが 発売に なったので ポイント貯めるために

楽天カード 作り 8000ポイント ヤフーだと 10000ポイント もらえるとか


どうでも よい訳で あり・・・・・・・・


基本は  



挨拶  譲り合い  相手の立場に なって物事を考える。







a0266240_20020781.jpeg







相手の 立場・・・とは?



心使い 良し悪しは 自由でありますが・・・・・・・



良し悪しの因果は 巡り巡り 自分へ 必ず 帰ってくる。




そこの 道理を よく悟り・・・・・思いやりの精神で 生きることは


人間の基本的 理念だと おもいます。



昔  道徳  の時間って あったと 思いますが・・・・・


我々のような 世代は 上下関係は ハッキリ してたし・・・・・・



これは やっちゃったら・・・・終わりだよ!って 基本的理念は 持ってました。




自分たち ばかりが 良ければ それで良いと 考える人は


自然淘汰されていく わけです。


ですから・・・自分が そうならないように 


基本的実践行動が 必要な わけであります。





なので 自分は そのようなことを 「念頭に 生きてる」 次第です。




念頭に ですが・・・・・・・たまに ブジキレそうに なりますが・・



自分は そのようなことを 「念頭に 生きてる」 次第です。







a0266240_20113199.jpeg







by fujiyama50s | 2018-05-18 19:40 | 1 | Trackback

トラックバックURL : https://fujiyama50.exblog.jp/tb/238529746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。