シニア アントプレーナー  仙台 おもしろ ブログ

シニア アントプレーナー  

仙台 おもしろ ブログ



a0266240_17331616.jpeg






さて・・・・・昨今 求人などを 見てみると ブラック企業満載の

求人雑誌が コンビニなどに 満載してある。


なぜ!? ブラックか? ですか?


まず 社員登録制度あり。と 記載されてる企業は まず ほとんど社員に なれません。



女性活躍の出来る特集・・・・などと記載されている特集を見ると

そのほとんどが 時給850円以上などと 記載されている。

ということは 手のいい アルバイト募集ということになる。

月収20万~30万円と よく記載さてる求人が あるが

この10万円の 開きは 何? と聞くと だいたい 経験とキャリアに

よって異なります的な 回答が きますが まず その殆どが

最低の20万円程度で それも 入社して 半年後には 歩合に 切り替わる

場合も 最近は 珍しくない。


つまり 入社の段階では 会社の不利な 部分を 伏せて

入社後に 出来高制に 切り替わる事例も 多々ある。




まともに 就労しても 食べていけない程度の賃金しか 支払わない企業の



募集は 山ほど 求人が 出ている。


使い捨て人材を 集め 入社した人間は 呆れはて 次々に 退社していく。


そういう企業を ブラック企業と 呼んでいる。


そこで 今回は・・・・・・・


シニア・アントプレナーとは?


団塊の世代を中心とする「アクティブシニア層」 55歳~60歳~


つまり 過去の経験値の ある意欲的 独立開業する人たちであります。


年功序列の終身雇用制が安定していた時代では、定年まで会社員として働き


退職金を手にした後は年金で十分生活して行けたため


60代で独立起業する人は殆どいませんでした。


ところが 現在は どうでしょうか?


終身雇用制が崩壊し 年金制度も不安定な現代、


「もう 国には頼れない。生活費くらいは自分の力で稼ごう」


と考える人が増えても不思議ではありません。



少子高齢化が進行し、年金受給開始年齢はますます


引き上げられることも予想されます。 つまり 67歳までは 年金は もらえない

時代が 来てしまい、 益々 食いぱぐれる人たちが 増加していくだろう。


政治の世界では 野党が 与党の あらさがしの国会中継に

国民のほとんどの人が 国は もう あてにならない・・・と思っているに

相違ない。






a0266240_18053729.jpeg






定年したら小さな店を構えて居酒屋をやるのが夢だった。なんてよく聞きますが



店舗を借りるにせよ、自宅を改装するにせよ


退職金をつぎ込んだあげく、なんの実利も得ることなく店を潰してしまった。


なんて・・・・・・話は ざらに あるようです。




アントレという企業家むけの 独立開業の募集が 出ているが

研修費 50万円って・・・・・・・・ハウスクリーニングって 家の掃除の

研修で 50万円・・・ですか??


つまり 企業側は 絶対 損をしないように なっている。



コンビニのオーナー募集の 広告も よく出ているが

現在のコンビニの数は どうだろうか??

空に 向かって 石を 投げると コンビニに 当たるくらいの 数・・あるんじゃ

ありませんか? コンビニ経営した人知ってますが


あれは 独立とは いえないらしい。 ガチに 管理されて 借金が 終わるまで

利益が 出ようが 出まいが 借金返済まで やらされるらしい。






a0266240_18294087.jpeg





時代の変化は早く、長年培ってきたノウハウだけでは対応できないことも


多くでてくるでしょう。




洒落に ならない 時代が これから 押し寄せる。




昔は 60歳に なったら 孫と 公園にでも おもむき 散歩したり

近所の おじさんたちと 囲碁 将棋などで 満載してた イメージが

我々の20代の頃の イメージで ありましたが・・・・・・・


とんでもない。・・・・・・・・・・・・・



さて 今回このテーマを 上げた 理由として


経済不況と いわれながらも 大手企業は ますます業績を 上げている。


たとえば ヨークタウン。  ヨークのまわりには 全国おなじみの お店が

ズラリと並び 100円均やら・・・カワチやら ツルハドラックやら・・・


全部 買い物出来ちゃうタウン。


あとは イオン。 これも これでもか!!と 沢山出来てきている。


だが こうした大手で 就労している人たとの ほとんどが


パートタイマーで 賃金は わずか750円程度に すぎない。


賃金が 低くても 雇用が なければ そこで 就労するしかない。


悪循環である。


収入が 少なければ 少ない収入の中で やり繰りになる。


将来の心配より 明日のコメの確保も 難しくなる。


まさに 自滅型就労実態であります。



少子高齢化の進展で生産労働人口が減少し、


日本の活力が低下することが懸念されています。


今の 若者は 安定した企業に 入社したがります。

そういった企業の中には 実は 隠れブラック企業も 多く存在してます。


保証人を付ける書類や タイムカードのない企業も 多く存在してます。

残業代を 支払わない いわゆる サービス残業。


これも 馬鹿にした 話である。 または 最近の企業は 労働組合を

つくらせないブラック企業も 多く存在している。


労働組合が ない企業は 経営陣のやりたい放題です。



今日のニュースでは 新社会人の入社式が 放送されてますが

如何なものだろうか?




日本の起業環境は厳しい。リスクマネーは乏しく、起業支援の制度も貧弱といえる。



シニアが起業を考える場合、武器となるのは経験や知識、そして人脈の豊富さである。



将来シニア起業を考えている方は、在職中から自分の商品価値を高めておくべきである。



世の中に ゴマンと お店があり・・・・そして 天文学的な数字の商品が

あります。


だが・・・・・就労してる人たちの 収入は 少ない。



デフレスパイラル


物価下落と利益減少が繰り返される深刻な状況で あり アベノミクスとやらも

まったく効果が なく・・・

企業収益が悪化、人員や賃金が削減され、それに伴って失業の増加


大蔵省は お金を 増加印刷し 訳の分からない 経費に 国民に 税金として


そのツケを支払いさせられる。


だが・・・・現在 どの政党に 表を投じても 意味が ない。


シニアが起業する場合、2つのパターンに分かれる。



1つは ビジネスモデルが 出来てる場合

もう1つは それがない 場合。


ビジネスモデルとは・・・・・・・・・・・


自分が 何をやりたいか?であり・・・・¥一見すると 当たり前だが


以外と 50過ぎて 何?やる?って 考えても 中々出てこないものである。



今は インターネットでも ヤフオク  アマゾン 楽天・・・・色々ありますが

その辺で 売っるものを ヤフオクに 出品しても 売れませんね。








又は このあいだの TVでは 海に 行って ガラスの欠片を 拾って

月収50万円以上などという 訳の分からないの報道されていましたが・・・


まともに かんがえれば 自然もの つまり 仕入れただのもので


売れて 生活に不自由しなければ 誰も 就労などせず


自給自足のような 横井正一さんのように 無人島生活すれば 良いわけである。







a0266240_19353394.jpeg



「自分の企画した商品が世の中に流通する」という点に



面白味を感じている方も多いのではないでしょうか。




ざっくり言うと、社会のニーズを掘り起こし、それを具現化した諸品や


サービスをつくり上げる仕事です。





a0266240_19444474.jpeg



これは 「 小野くん 」




これは 小野って 田舎の駅が あるんですが・・・・・・・・・・

この地域が 東日本大震災で 壊滅状態になり 仮設住宅の 主婦たちが


100均あたりから 購入した 安い靴下で 復興のために 作った ぬいぐるみ です。



小野くんの 開発した人は その辺の オバチャンです。


この 安い靴下 作成された 小野クンは テレビで 放映されると


全国から 注文が 殺到し 地元で 働く人手が 必要になり


仮設の小野駅周辺で 主婦たちが 毎日 小野くんの作成に 就労しました。




商品を企画する場合・・・・・・・・




マーケティングから始まり、コンセプトが明確化したら

他社の類似商品との比較を行ない、新機軸を打ち出します。


ですが・・・・・・ その辺の オバチャンは そのような 面倒なことは

いちいち 考えません。


なんとなく 出来た・・・・・・・・・・


つまり ビジネスチャンスは なんとなくでも できるんですね。








a0266240_19575833.jpeg





欲が ない人たちの 物が たぶん 人の心に 響くものなのかもしれないですね。









by fujiyama50s | 2018-04-02 18:00 | 1 | Trackback

トラックバックURL : https://fujiyama50.exblog.jp/tb/238437268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。