2014年は 80s 90sのレトロ感な年でした! アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ

2014年は 80s 90sのレトロ感な年でした! 


アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ





はっきり いって 80s 90sな レトロ風と言われましても

我々 世代から すると つい最近の 話なんですけど??・・・・


90sに 流行した スーパーロングコートや チェスターコート


ロングニットカーディガンなど とにかく ロングが

なんか 今年は やけに 目立ちました。 

これは アパレル業界に いた

者としては リバイバルヒットしてるのは 感じ取れました。


a0266240_2027162.jpg



マニッシュに 着こなしたい女性は チェスターのスーパーロングが

たぶん 今年の主流なんだ!!


でも 来年は 消えると 思います。

比較的 ロング系の 寿命は 短いんですよ。


a0266240_2028324.jpg



昔は 中間色と 言った グレイシュ・カラーも 多かった感じです。

これからの シーズンですと 

ボルドー(マルーン) いわゆる ワイン系の

レッドは 男性が 反応しやすい色として 

有名カラーですので

クリスマスシーズンは 特に 

アパレル業は ボルドー(マルーン)に

力を入れて 雑誌や 芸能人を使い 

巧みに 売れ筋ラインを

仕掛けていきます。 雑誌や トレンディードラマを見ると

よく わかります。


a0266240_20282935.jpg
 

ラディアント・オーキッド(紫・ピンクの中間色)

これも  きてますよ!! でも あくまでも トレンドの寿命は

短いんで 適当に 聞いててください。


色出しされた素材が、アパレル製品となり、

アパレル展示会やデザイナーのコレクションが

発表されます。 ファッション雑誌にも記事が

掲載されるようになります。


a0266240_20325460.jpg



アパレル産業では、流行色情報→素材→アパレルと

いうように 2年の年月をかけて ものづくりが行われています。


流行色情報が対象とする領域は、インテリア、プロダクト


メイクアップなどにも広がっています。


人々の目を引きつけるプロモーションカラーは


流行色情報においてもコーディネートが重視されます!!

したがって  色と色との組み合わせによって

生まれる新鮮なイメージが、より一層重要になってきています。


こうした 原反から 2年後 縫製 情報配信 トレンド作り

流行色のイメージ戦略 という 業界全体が  作った 架空の

流行を 生み出し まんまと 乗せられた という 訳です。







a0266240_2029532.jpg

by fujiyama50s | 2014-11-25 20:29 | 1 | Trackback

トラックバックURL : https://fujiyama50.exblog.jp/tb/20428757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。