<   2013年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

当初の予定は FUJIYAMAでは 無かった! 仙台アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMAブログ

当初の予定は FUJIYAMAでは 無かった! 

仙台アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMAブログ




さて もうすでに 閉店した 吾輩のアメリカ古着店は 当初の予定


では、あのような場所(一番町1丁目 ミヤハンビル2F) ではない


別の場所で 別の名前で
 

イメージも 又違う構想で 考えていました。


場所は 仙台市内の本町2丁目(家具の街)
 

陸の孤島と言われてる 場所で


当時 お店は 3DAYS という



ファイヤーキングなどを取り扱う 北欧家具に


相性の良い 雑貨&小物が 多い お店くらいでした。



当初は この本町2丁目の1軒屋を借りて やる予定でした。


外観 イメージも 当時 出来てました。


こんな 感じです。



a0266240_10182468.jpg



a0266240_15354540.jpg



名前は 「 コンチネンタル 」 という 名前でした。


お店の商品構成は アメリカ古着は 


3割程度で 残りは インポート物と



サーフィン関連のグッツを取り扱う カリフォルニア西海岸風の


インポートショップでした。


店内 イメージです。


a0266240_10182098.jpg



だが このプランは 実現することは 無かった。


予約する前日に 別の会社に 契約されてしまった。


そんな いきさつが あり 一番町1丁目に まったく 違う 感じの


「 FUJIYAMA ] と言う お店に 変更した いきさつが 有りました。


結果的に 失敗に 終わりました。


人生で 苦い思いを何度かしたが この時の失敗は


痛かった。 でも 借金が 膨れる前に お店を閉店する


先見は あったと 思う。 吾輩が 閉店した1年後に 随分


沢山の お店が 閉店していく 様子を見て


吾輩が 取った 閉店という選択は 間違って いなかったと


再認識致しました。







a0266240_10185474.jpg


a0266240_10191179.jpg



a0266240_10193585.jpg

by fujiyama50s | 2013-11-30 10:44 | 50s店長日記 (43) | Trackback

先日の落書きの件  仙台アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMAブログ

先日の落書きの件  

仙台 アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMAブログ



11月28日の 落書きの件ですが

多数の お問い合わせ 有りました。


だいぶ 昔に 見たので 誰が 書いたのか?


あるいは 当時は あんな スタイルでしたか?


又、 何年前の イラストか?


まとめて お答えいたしますと、


仕事中の昼休み 11月28日(木曜日)に


メンズクラブを 見ながら 書いた 


単なる落書きで、吾輩が
 

書いたものですので 昔のものでは ございません。


スタイルですか? そうですね!ボーリングシャツとか

カーディガンを肩から かけてる女の子や ポニーテイルだけでは

ない感じの子も沢山いました。

GI スタイルに サドルシューズの子も 多かったですよ。




ただ、高校の頃からの 絵ズラは かわりませんが。



a0266240_1935221.jpg



a0266240_19353053.jpg



ちょっとした 遊びで 書いただけですので ご安心くださいませ。







a0266240_19393391.jpg


a0266240_19394231.jpg


a0266240_1941302.jpg

by fujiyama50s | 2013-11-29 19:43 | 50s店長日記 (43) | Trackback

1972年 吾輩10歳 サザエさんを見て 仙台アメリカビンテージ古着店  FUJIYAMAブログ

1972年 吾輩10歳 サザエさんを見て 仙台アメリカビンテージ古着店  FUJIYAMAブログ

仙台アメリカ ビンテージ古着店 通販専門 FUJIYAMA

a0266240_2175433.jpg


1972年頃は キャロルのデビュー前だが

小学校4年生 頃であるが ようやく一般家庭に カラーTVが

復旧した時期でもる。 単行本をわざわざ 買い 読む程の

サザエさん好きは 41年たった 現在も 不動である。



a0266240_2183020.jpg



日本のディズニーといっても 過言では ないのでは

ないだろうか? カツオが小学校 5年生で 

吾輩より 1学年上の先輩

だったが その吾輩が 54歳の 波平に 

近い年に なるとは 10歳の時に そのことを 思うことも なかった。


人生は 年を取るのが はやいですね!!



だが 毎週 ジャンケンをすることも 健在である。






a0266240_2165977.jpg



a0266240_217915.jpg


a0266240_2172569.jpg

by fujiyama50s | 2013-11-26 21:09 | 50s店長日記 (43) | Trackback

ハッリウッドランチマーケットから 大量の古着 仙台アメリカビンテージ古着店  FUJIYAMAブログ

ハッリウッドランチマーケットから 大量の古着 

仙台 アメリカビンテージ古着店  

FUJIYAMAブログ





a0266240_2314479.jpg



a0266240_22571859.jpg



さて 1984年頃のサープラス時代の話ですが

当時 取引先のハリウッドランチからの要望で 

大量の古着を引き取ることに

なりました。 

でも ハリウッドランチから 

破格のパッキン買いのアメリカ古着は


今回で2回目であるが 在庫の内訳は 


レディースモヘアのセーターとニット類

メンズは ライトネル・ヘビーネル


リーバイス505・501類や 米軍トレンチコート類

米軍用ジャングルブーツ類・などで 

当時 会議で どこの店頭で 出すか?


が、課題でしたが 結局 セイブオンで
 

出してくれという各店長から 要請が 出た。


a0266240_10473153.jpg




当時 本店より 徒歩2分のセイブオンは 

ランチの洋服や古着、サープラスのオリジナル

商品構成で 当時 吾輩が 一番滞在する時間が 


長かった為、その大量の古着の

扱いをすべて 任された。 

パッキンを開封し 在庫枚数を検品し

まずは ランク分けする。



売れ筋は A 中位は B 福袋用は C 



とランク分けし、各店長に報告した。



a0266240_1632403.jpg





店長たちからは


[お前にまかせるから 好きな値段をつけろ!]と言われ


A は ネルだろうがコートだろうが 


モヘアだろうが おおよそ2000円程度


B は 1000円ポッキリにした。



 
C は 捨値で 500円程度 で どうですか? 


と各店長に尋ねると

[いいんじゃないの?あと社長に 聞いて?]といわれ


社長に聞くと 


「お前に まかせるよ!!まだくるから!!」 


「えっまだあるんすか??」


「ランチ在庫全部買ったよ!!捨値でな! 


だから全部さばいてみろよ」

すごい量がある!!どうしよう! 


夜まで 一週間値札つけても 終わる量ではない!?




とにかく セイブ オンに並べるしかない! 


まず レディースのモヘアの

カーディガンや トレンチコートを並べた。 


日曜日に 表参道で チラシ巻きもやった。



a0266240_1115492.jpg




とにかく 営業先では 古着は売れないので 


他の店舗では(サープラス本店と他店舗)


まずは 格安にて どうぞ!方式だったが 


以外に客足が 伸びた。








これに 自信をつけて 

次のランチの古着の在庫を待った。



とにかく 凄い量で 今だと 




相当の値段が つくだろうと と思った。



続く。







a0266240_22334781.jpg



a0266240_22335989.jpg


a0266240_22341422.jpg









by fujiyama50s | 2013-11-25 23:24 | 50s店長日記 (43) | Trackback

2011年 12月31日 Z 最終ファイナル アメリカ ビンテージ古着店 FUJIYAMA

2011年 12月31日 Z 最終ファイナル 

アメリカ ビンテージ古着店 FUJIYAMA



I was invited first, but remain for 2,011 years


I went without making an interest to

think with circus degree of Tokyo unwillingly, and to watch it.


a0266240_195793.jpg



To look early, and to return before a show begins


Thought, but it is time, and a clown comes out


of the stage with the sound of the buzzer; and soon


I watched Z so that it was drawn gradually if a show began.







a0266240_1984919.jpg


a0266240_199109.jpg


a0266240_1993623.jpg


a0266240_1995489.jpg


a0266240_1910777.jpg



It is Las Vegas, America so far

Of superb people who the shows such as

blue men have looked, but are different in a level


Z   was already at a loss for words.

a0266240_19135628.jpg







a0266240_19145867.jpg


a0266240_19151546.jpg


Z finished the last performance taking advantage


of East Japan great earthquake disaster

on December 31, but seems to visit Japan again in Japan.

a0266240_19171544.jpg


a0266240_19173468.jpg


a0266240_19225897.jpg


a0266240_19181363.jpg



At first such the show is the long life, but


I cannot look very often!


As for right or wrong everybody


If there is an opportunity, you should look!







a0266240_19232125.jpg


a0266240_19232918.jpg


a0266240_19234745.jpg

by fujiyama50s | 2013-11-21 19:23 | 50s店長日記 (43) | Trackback

㈱上野商会と中田商店  アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ

㈱上野商会と中田商店  


仙台アメリカ ビンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ


仙台FUJIYAMAアメリカビンテージ古着店 通販専門店




さて、1986年頃の話ですが、サープラス時代の


営業上司に推薦されて

吾輩は、ほぼ形式だけの面接で、


㈱上野商会に即採用になりました。

月曜日の朝礼の時に、(みんなに紹介するので


朝8.30分まで、会社に来なさい)といわれて


出社しました。


a0266240_963724.jpg


a0266240_97381.jpg


a0266240_22171492.jpg



上野の丸井デパートの裏側に細いビルが4階全部㈱上野商会で、


3階が 営業部 企画部 総務部でした。

約15人程度ですかね当時は。



お店は、アメ横に3店・三軒茶屋に1店・自由が丘に1店・合計5店

全員で従業員35~37人程度ですかね。当時では。



ズラリと並んでるところに、専務から(現在、会長)から、


(今度新しく入社することになった〇〇君だ!!


みんな宜しくたのむよ!!) 

吾輩は、(㈱サープラスからきました〇〇〇〇です!!


以後よろしくお願い致します!!)

パチパチパチパチ

じゃっ永〇 商管担当だから、いっしょに今日から、たのむぞ!! 


永〇さんが、(わかりました!!)

(それじゃ〇〇〇〇!!いくから荷物があるから駐車場まで


このカバンとこのカバンを持ってこい!!)

a0266240_2213237.jpg




いきなり体育会の、のりだ。 上下関係が厳しそうな会社だ。



(駐車場は、上野公園のほうにあるから、場所とか1度で覚えろよ!!) 



(はい!!) 


ところで、吾輩は営業部ではないの?


とか思ったので、永〇さんという直属の上司になる人に聞いた。


(あれサープラスの上司からは営業部と聞いてたんですが?) 


そしたら(お前はまず、商品管理部に



配属になって先ず商品の入荷・出荷



商品の検品・発送業務ならびに在庫関係の



棚卸・発注伝票の作成・そして、商品知識など営業をやる前に




覚えなくてはならいことが、山ほどあるから、俺の下で


まずは下積みをしてからだ、最低でも2年~3年はかかるぞ!!)

  


(えっそんな話、サープラスの上司からは聞いてないっす!!)



永〇さんが、(バカ野郎そんなの常識だろうが!!) (オス!!)


なにか原宿時代とは、まったく違う世界のようだ!!


㈱上野商会は、当時の専務の後輩たちが多く


(青山学院のアメフト部の先輩・後輩)の人たちが

多く、吾輩の上司になった人は、


拓殖大学卒のバリバリの右よりで(スペクター出身らしい)



だが、後輩の面倒見の良い人でしたが、


怒らすととても怖い存在でもあった。

a0266240_22312538.jpg




当時、高島平倉庫時代は、運送会社が、たしか


東信運送とかいう下町の運送会社で


担当がヤンキーサーファーと國士館 暴走族(極悪)の2人で


(極悪)の人は、吾輩と同じ学年だったが



週1の割合でその極悪出身の人が、集荷の時きてましたが、


プロボクサーを目指していたらしいが

、肩を悪くして諦めて運送会社にきたとか、いってた。



その極悪出身の人と元スペクターの上司との関係は



あまり相性がよくなくて、間にはいってる我々は、色々と苦労した。




a0266240_23205089.jpg



 



それじゃ荷物もって倉庫にいくぞ!! 


(オス!!) で?場所どこすか? (西高島平だよ)


a0266240_11125226.jpg


(オス!!そこどこすか?) (都営三田線の終点だ!!)  


(どこよ?) (お前が、上野の本社に来るのは


月曜日の全体朝礼の時のみ。あとは、毎日倉庫に出勤だ!ほら、車のカギだ!!)



a0266240_11133637.jpg



a0266240_1182788.jpg


(えっ上野勤務じゃないんすか?) 


(あたりめ~~だろうがこんな地代の高い所に倉庫あるわきゃね~だろ?)



a0266240_1194342.jpg


(ってことは、俺の勤務先は、その西高島平すか??) 


(そうだ!!そこで、みっちり鍛えてやるよ!!)



(・・・・・・・・・・・・・・・仙台でいう卸町か?)


お昼頃、高島平の倉庫について、


まず最初に教わったのがフォークリフトの運転の仕方。


a0266240_23354023.jpg



明日から荷物ガンガン入荷するから、


運送会社から内線電話が、倉庫の事務所にはいるから


a0266240_23234497.jpg


大型トラックからパレットごと下ろし、


そこのどデカイエレベーターまで、運ぶ!

次に、パッキンごと数の検品をする。


a0266240_22271428.jpg




それが終る頃、本社から発注伝票が毎日午前と


午後の2回流れてくるので、数をまちがえない

よう、サイズと色と商品の破損や縫い代の


ホツレなどの検品をしながら


出荷時間に間に合うよう、効率よくミスなくやるだけだよ!!


(簡単だろ!!) (どこが?一辺には無理ですよ!) 



(慣れろ!出来るだけ 早くな!!)


明日は、つなぎとか用意しておくからな!! (・・・・・・・・・・・・・・)

アパレル業界の裏側とは、表舞台と違いとても



ハードで地味で、過酷な仕事でした。



週に3回くらいの割合で、韓国から商品が、



大型トラック満タンにパッキンに入れられて

入荷する。その量は、半端じゃない。



上野商会の一番のお客さんは、なんといっても中田商店である。


a0266240_2283315.jpg



軍物は、半端なく注文が入る。


営業担当は当時は、山●部長で中田商店の倉庫に


戦車がある話は、本当である。体育館のような倉庫である。



a0266240_22102175.jpg




今、考えるとサープラス時代は、お遊びで、株上野商会は、


企画から生産~生地選び~商品戦略会議~


営業戦略会議~各店舗のホロアップ~店長会議など


スペシャルなプロの集団という印象です。

a0266240_22373077.jpg




1986年の段階で、在庫のコンピューター管理や、


アメリカのアビレックス社との総代理店契約


まで、現在の大きく飛躍する大きい要因は、



この時代からすでに、構築されてあった。


a0266240_2226137.jpg




そして、日本にあのトムクルーズ主演映画




a0266240_18334787.jpg



トップガン が日本に公開されてから、 吾輩たちは空前の忙しさ


寝る暇もないくらいの荷物が、入荷してきて。



倉庫の中に、荷物が入らない状況
にまでなった!!


丸井のデパートはもとより、小売店まで、オーダーが.入り


本社には、注文のファックスがながれ用紙が



無くなるくらいの長さで、商管でも



A-2  B-3  B-9  MA-1  飛ぶように売れていくさまを

この目で見てきた。  当時A-2で、約8万から9万位はしました。



a0266240_22444198.jpg



それが、飛ぶように本当に毎日、売れる!


MA-1などは、出荷してもすぐ次の日は、


また中田商店から多量のオーダーがくるので

アビレックス本社にも生産体制の強化を申し入れていたようだが、


どうしても生産が間に合わず、


当時のアビレックスも大慌てしていただろうと思う。


a0266240_10425937.jpg



どこのお店も入荷すると、段ボール前に人が並び、段ボールを開封した途端に


SOLD OUT である!!



この時代の若者たちは、決してお金持ちとかでは、ありません!!


景気の良い時代とはいえ、月の給料は、


吾輩でも当時新米で手取りで約17万円程度である。



家賃は、当時原宿の神宮前5丁目の



風呂「なし」アパートで5万円程度


a0266240_21484420.jpg


a0266240_2255655.jpg




電気・ガス・水道・あわせて2万円  


食事代は1日 1500円x30=45000円

丸井のカードローン 約5万円なので、もらう給料で、殆ど消えたよ。



あとタバコ代1日1箱 当時200円としてx30=6000円


でも、洋服(ビンテージ古着)とか買ったり、


夜月に2.3回くらい六本木などに

遊びにいったりしてましたが・・・・・・・

今の若い人のように、あまりケチケチしてなかった。


みんな、バンバン金もないのに

無理して使うというよりかは、単に計画性が、無かっただけだが。



1985年になると、バブル経済に突入するが。


1991年 バブル崩壊まで

吾輩たち、20代の若造は、貧乏でしたよ!!



a0266240_23152314.jpg




よく耳にするのが、若い人たちは、



「我々は景気の良い時代を知らないので・・・」

と言う言葉を聴くが、吾輩たちもそんなに、


1980年代は、給料よくなかったです。

3Kとう言葉が当時、流行したが、



意味は、きつい・きたない・きけん・という労働者

雇用用語だが、安月給だから、やってられません!!


なんて流行するくらいでしたよ!


a0266240_21525693.jpg

a0266240_220266.jpg


 




a0266240_9395741.jpg


a0266240_940777.jpg


a0266240_9402772.jpg


a0266240_9404844.jpg


a0266240_9411176.jpg



にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
にほんブログ村

by fujiyama50s | 2013-11-18 12:29 | 50s店長日記 (43) | Trackback

1950s 悪趣味ネクタイが 存在したアメリカバブル アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ

1950s 悪趣味ネクタイが 存在したアメリカバブル アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ

仙台アメリカビンテージ古着店  通販専門店 FUJIYAMA

さすがの 吾輩も 手を出さない ジャンルが この

悪趣味ネクタイでした。 まずロカパンも 入手不可能な アイテム

でしたが、ファビリックと悪趣味ネクタイも まず 出てこないですね。



a0266240_21194282.jpg


a0266240_2120078.jpg


a0266240_21201932.jpg


a0266240_21203686.jpg


a0266240_21205827.jpg


a0266240_21211372.jpg


a0266240_21213214.jpg


a0266240_21214774.jpg



コレクタブルな商品なわりには  この領域に

いく人は ある意味 ハワイアンリーゼントに 匹敵する位 金筋

ロカビリーロッキンマン である!!





a0266240_21251286.jpg


a0266240_21252142.jpg


a0266240_21253342.jpg




by fujiyama50s | 2013-11-16 21:27 | 50s店長日記 (43) | Trackback

アメカジの崩壊の現実!! 仙台アメリカ ビンテージ古着店FUJIYAMA

物は試しで アメリカ古着店を始めてみたが!!

仙台アメリカ ビンテージ古着店FUJIYAMA ブログ






a0266240_19411715.jpg



a0266240_12322797.jpg



a0266240_1019071.jpg




営業マン上りの吾輩は 色々悩んだ 挙句 とりあえず 

アメリカ古着店でも やってみるかと思い 取りあえず 500万円を借りて

一番町1丁目のミヤハンビル2Fの古いビルのお店を構えてみた。



ミヤハンビルは 現在 取り壊されて マンションに なっている。




ドアだけでも 約15万円(ドアがオフィスビル用なので どう考えても合わない!!)



御店構えの看板 ブログの最後の出る 


FUJIYAMA看板(約20万円) 照明器具取り付け



a0266240_11135894.jpg




約5万円 内装は 洋服をつるす固定式


ステンレス製のハンガーラック 30万円

ショウケーケース2個 (約30万円) 


家賃・敷金・礼金 合わせて 100万円程度


ハンガー約1000本 1個 300円x1000個=300000円




レジ3万円 アメリカ渡航費用ならびに仕入れ代金 


約200万円 しめて 440万円

残り運転資金 60万円でスタート致しました。



が、最初は知名度もなく 場所もあまり知れず 


ちかくに リトリート と言う アメカジ


専門店があり、そこの流れ客が 



ちらちと入店する程度で 入店時間平均5分弱程度。



a0266240_10202149.jpg


a0266240_10204046.jpg



たまに、長く居座るお客がいるが 殆ど雑談程度で 購入意欲なし。



で、最後に聞かれることは 


「次の入荷はいつ頃ですか??」 と聞かれ


「再来週に又入荷 します!」とか言うが 


実際は ただ倉庫から 商品をだし


商品を多少入れ替えるだけです。



どこも いっしょだと思いますが。



だが、次 またお客が 来るも 



「これ いいんだよね~~~たまんないよね~~」とか言うが




やはり買わず、又「次の入荷は いつですか?」



と聞かれ 同じ回答をするが




結果は同じでした。



a0266240_1024974.jpg
 


実際 アメリカのフロリダを中心に回り かき集めてきた古着も



仕入れ価格と 売値では あまり利益もでない。


税金や輸送コストもおさえた つもりだが

景気の悪さとアメリカ古着離れによる 


価値の低下と入店数の伸び悩みがあった。



運転資金も 3か月後くらいには そろそろ 


底をつき始め 経営が 圧迫されてくる。

正直 やばい とこの時期 思いましたね。


古着って もっと売れるイメージが あったが 意外と売れない商品 


と再度きずくが


いまさら 後戻りも出来ない。なんせ借金が


500万円あるので 2.3か月では

やめれない。 で 色々考えて スカジャンのオーダーをはじめようと思い



オリジナルのスカジャンや スタジャンを1枚から 


作成致します。を売りにしました



ついでに 古着もあります的な感じです。


a0266240_1042691.jpg



これは そこそこの注文以来がきまして、


家賃と自分の給料と借金を返す程度の

売り上げには なりました。 


だが 古着を見に来てる客層からは 50s 60sものではなく


70sやブランドのレプリカ物のほうが 


人気があるので そういった商品もあると



買いやすいという指摘があり、


原宿・渋谷あたりの当時の知合いに 卸の相談に

いくが 古着との混合では 


中途半端になるので いっそのこと うちのブランド

仙台で扱わないかという話になり、


売り上げも結構あがるよ!と聞いた。



即答はせず、帰りの新幹線で 色々考えてみた。


a0266240_10214029.jpg



㈱上野商会時代も原宿サープラス時代もそうだが 


一般受けする商品は おおよそ見当が



ついたが、それらの商品を並べると 


アメカジショップに なってしまうと思い


まして そもそも FUJIYAMA という名前の由来


1980年代 初頭に GENJI という 


50s系の古着店があり とくにオリエンタル系



に、強く 取扱い商品も カスリやネップの


ウールコートやジャケットなどが



多い御店で 当時 オーナーに


「なんで? GENJI という名前なんですか?」


a0266240_1055121.jpg



と聞いたら こう答えた 「アメリカが 実は 


お店の スタートで 当時 アメリカで 日本人が


アメリカ古着店を やる時 アメリカ産のビンテージではなく


オリエンタル物が 多く いわゆる日本的なスーベニア的な



古着店で スカジャンや和柄のアロハや
 

陶器の黒豹・オリエンタルな壁掛けなどが


中心なお店だったので ジャパニーズ的な 


名前が いいだろうと言うことで


源氏から GENJI という名前に した」 と聞いたことがあり


 

吾輩も どうせ古着店をやるなら そのようなビンテージ古着店を



やってみようというのが 


スタートだったので FUJIYAMA という名前に

 

しましたが、やはり 地域制と時代の変化には 悩みましたね。



売り上げは 欲しいんですが どうしようかと。



a0266240_18443765.jpg



a0266240_1074170.jpg



ブランドと取扱いは 白紙にもどし アメリカ輸入雑貨を中心しようと思い



アシュトレイ(50s系の陶器)大量に導入してみた。




a0266240_1048359.jpg


a0266240_10484985.jpg



あとは 1950sの雑誌 LIFE/HOD ROT 


怪奇モンスター雑誌 やイージーライダーなど


だが 向かいリトリートは 沢山入店してるが FUJIYAMAには あまりお客は


はいって来なかった。 


だが 感じたことは お客がこういうのが 欲しいので



仕入れて欲しいと言う希望に 応じて 仮に 



希望の商品を仕入れて 店頭に出したとして

 

も、それ程 期待できる 売上げには ならないと


判明した。  実際希望商品を仕入れて 店頭に並べても

 

希望してたお客も入店してきて


商品を見ても 「今回は 気に入ったのがあまり なかったので次回に期待します。」




などと言われ まるで展示会にでも 来たかのような感じである。




a0266240_10224324.jpg




a0266240_1023477.jpg



それで、「次回 いつ頃入荷しますか?」 と来たもんだ!!



これでは 何百枚仕入れても




何枚売れるかわからない? 


まともに お客の要望どうり 仕入れたんでは



お客に 振り回されて おしまいでした。



結果 自分の判断で 客観的に


仕入れをしないと ダメになると 学習致しました。



a0266240_17383275.jpg



そのお客の要望に応じて 仕入れした商品は 



山ほどの在庫が 出来てしまい



セールもだいぶ やりました。 50%OFFにして  レギュラー物の古着は


はやく 排除したかった。 雑誌の取材とかも よく来たが あまり効果はなく


やはり むかいの リトリートには 常連さんが オートバイで乗り付けてくる



姿は 正直 うらやましかった。


a0266240_1848895.jpg

 


だが その リトリートの社長も たまにお店に



遊びににきては 「売上どうですか?」と聞かれるので
 

「いや^^~~うちは さっぱりですよ」 


と答えると 以外な答えが かえってきた。


「最近 うちも 売上が低迷して 困ってるんですよ!


どうしたら いいか 教えてください。」


吾輩は 「えっ!?だって うちの何倍も 


お客が 入ってるように みえますけど?」


リトリート社長 「いや お客は 以前よりだいぶ減少してますし 新規がすくない。



しかも 入店は するが あまり購入しなくなってきてるんですよ」






アメカジの崩壊の序章!!



現在 リトリート というお店は 10年ちかく前に 閉店致しました。


取扱いブランドは リアルマッコイ バズリクソンなど多数ファンが あるお店でした。


だが 閉店しました。 そのときから 仙台にあった約80店舗~100店舗ある


古着店が 音を立て崩れ落ちていく様を見ることになる。


その当時は アメリカ古着店も アメカジ中心だったり パダゴニアや



マウンテン系の古着店や モンキーブーツやトートバックなどの


いまどきの若者が買いそうな 商品を扱っていたが



やはり 古物 というイメージが先行するのか



できれば 新品の商品が 欲しいという認識であったような 気がした。



ようするに ヴィンテージ好きではなく 古着のほうが まだ安いから


購入の動機になるという理由が 多い。


仙台の10年前は 仙台は 古着の街と言われるくらい 多い地域だった。


仙台の一等地に あった古着店は 


現在すべて 消滅しました。



知合いの古着店も いつのまにか 閉店し 消息不明になる始末である




吾輩とて 例外では ない! どうしようかと


毎日考える日々が 続いた。




続く。




a0266240_2341667.jpg


a0266240_23412219.jpg


a0266240_23415082.jpg


a0266240_23421432.jpg



にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
にほんブログ村






ビンテージ古着通販ランキング


ビンテージ古着通販ランキング

by fujiyama50s | 2013-11-15 18:31 | 50s店長日記 (43) | Trackback

2000年 21世紀 ロックンロールとは無縁 アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ

2000年 21世紀 ロックンロールとは無縁 

アメリカ ビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ




さて 2000年に なりました!! あらたな気持ちで 仕事で

精進し お客様の為に 企画や

イベントからみの仕事で 広告代理店の

飲み仲間の 夜中の2時~3時まで 


金曜日の飲み会は 楽しい!!


話題の中に ロックンロールの話など もちろん ございません。



a0266240_18445184.jpg



カラオケや合コン三昧で ストレス発散には 持ってこいである。


吾輩は たぶん会社を (印刷会社) 退職してなければ

ほぼ こういう人生を送り 過去の自分を振り返る事も無く

どっぷりオジサンになり、ユニクロのフリースとダウンジャケットなど

着用し、コブクロとか 福山とか聞いて いるかも しれない。


環境が 変わり 世間の冷たい空気に さらされて 元に

戻ったのか?それとも 又 今後どうなるのか 知るよしも ありません。


だが、 一度自分の人生を振り返るという意味に おいては

これは これで 良かったのかも 知れない。





a0266240_18434227.jpg


a0266240_18435274.jpg


a0266240_18441331.jpg

by fujiyama50s | 2013-11-13 18:45 | 50s店長日記 (43) | Trackback

1975年 キャロルとカンフーが ブームと寝言 アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMAブログ

1975年 キャロルとカンフーが ブーム アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMAブログ

仙台FUJIYAMA ビンテージ古着店 通販専門店

a0266240_19262909.jpg


   「 燃えよ ドラゴン 」 の上映の時期 中学1年の頃(1975年)

カンフーブームで 吾輩たちは ヌンチャクブームでした。



キャロルですか? そんなの その頃の吾輩たちには 関係ございません。

子供ですから。 だが?一方 雑誌には

こんな記事が ありました。


a0266240_19174569.jpg



まだ この頃は 部活で 毎日毎日 汗ぶったらして

ランニングとドリブルの練習で 希望ある日々を送ってました。






高校も 仙台一校 あたり 目指してみようかな?

などと 馬鹿なりに 理想だけは 持ってました。

そして 多摩美術大学で 絵の勉強でも しようかなどと

寝言を語っていた時期でもある。








a0266240_13193028.jpg


a0266240_1952676.jpg


a0266240_1954655.jpg

by fujiyama50s | 2013-11-12 10:25 | 50s店長日記 (43) | Trackback