<   2013年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ブログで 紹介した当時のクリームソーダ 仙台ビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ

ブログで 紹介した当時のクリームソーダ 

仙台 アメリカ ビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ



a0266240_1903436.jpg







色々な本も 読んだし 実際に 当時のクリームソーダも


行って見たし 1970sクリームソーダの商品も 買って着てたりも


しました。 ブログも 何度か 当時の記憶に もとずき 書ける範囲の


内容も いくつか書いて見ました。 私は 外部の人間ですので


余計なことは 書きませんが このブランドの人気の秘密については


年代 70年代 80年代 90年代 2000年代まで 各年代により


随分 思い入れが 違うようです。 私の場合ですが


クリームソーダを取り巻く 環境が 好きなようです。


アメリカ古着って 1970年代に ヴィンテージ古着が まだ


膨大に アメリカ本土に 眠っている時期で アメリカ人が まだ


日本で 売れ筋商品に なることに 気が付かず 価値などない


昔の服程度だった時期に 日本の東京ローカル原宿の


はずれの民家を改造(ペンキで 塗り ポップなマンガで飾る)


ロックショップは 当時週刊誌などでも 取り上げられ


ティーンエイジャー(高校生~20歳)程度の人気に なった頃


仙台にも 出来たんですが クリームソーダの出現で


私のモノクロだった青春が オリエンタルポップカラーに


変わったような感じが しました。  アメリカ古着のコピーした


クリームソーダのデザインは 今では 当たり前ですが


アメリカ古着をまだ 誰も知らない70年代の日本では 


とても斬新で 色ずかいも 当時では 非常に 珍しいものでした。



a0266240_1951716.jpg




最近に なって 当時着てた 服や靴など 見てみますが



仕事に 打ち込んでる20代~30代までは 見向きもしません



でしたが やはり人間50歳も 過ぎると 童心に帰るといいますが



たまたま 倉庫のダンボールに まとめて入れて おいたおかげで


津波に さらわれる事も無く 2Fの実家の押入れの中に


有りました。 そのなかに 当時の私のリーゼントボーイ時代の


写真も 残存してました。 これも 何かの縁なのかと 思い


ブログで ご紹介するきっかけに なりました。


そのダンボールには 10代の頃の イキイキしてる自分が


写って見えました。  このクリームソーダから 始まった


青春時代を どうにか 今の若い人たちにも 知ってもらいたい


と思うようになり、 ブログに アップしてみました。


クールスに 夢中だった高校2年初期までは


みんな トゲトゲした感じだったんですが バイクと皮ジャン


サングラスに リーゼントというスタイルを変える転換期に


なったのは クリームソーダでした。



私は とくに関係者では ありませんが 皮ジャン・リーゼントと言う


70年代の暴力的な イメージから ポップな感じに


変化が 出て来たんです。 ですから 我々は いい時期に


ロックンロールを 引退でき いい思い出に なりました。



一過性では ありますが 一過性だから よかったかも

しれません。 (*^_^*)




a0266240_1953569.jpg



私には あの当時の様々な出来事が 35年以上たった現在でも


思いだせるような お店は そうそう無いような気が 致します。


高校3年の秋頃には アメリカ古着に チェンジして


クリームソーダの商品は ポマード以外は 購入しなくなり


高校卒業した頃は もう洋服も まったく着なくなりました。


ですが 原宿という街に 行く楽しみは クリームソーダを


取り巻く50s系のヴィンテージショップが 沢山出来て


そこに 集まる人たちと 同じ感覚で 共感できる雰囲気が


とても 心地よい空間でした。 最近 ビンテージクリームソーダの


コレクション本が 出てるのを 同級生から 見せてもらいましたが


我々の時代の頃の クリームソーダでは ありませんでした。


でも 今は このブランドが あったおかげで 楽しく

青春時代を 過ごすことが 出来て とても 感謝してます。

まあ これは いいすぎか? でも 最近ですが 色々1980年代頃の

ことを書いた ブログ記事みると ちょっと 違う感じが しますけど

時代時代で それぞれの思い入れが 違うと 思いました。









a0266240_19513847.jpg

by fujiyama50s | 2013-08-30 22:38 | 50s店長日記 (43) | Trackback

原宿クリームソーダと㈱サープラスの関係.1 仙台ビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ

原宿クリームソーダと㈱サープラスの関係 

仙台ビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ


仙台FUJIYAMA アメリカビンテージ古着通販専門店



a0266240_23184241.jpg




1982年頃だっけ83年かな?

とにかくピンクドラゴン建設中で、その後完成し

クリームソーダ本店は、本当に暇そうでした。 

ほとんどお客が、ピンクドラゴンへ流れていくのです!!



当時本店は、もう黄色のとら柄ではなく、

専務が、毎日きて、白いペンキを店内から外装まで

ローラーで塗り捲り状態でした。



一番下っ端の吾輩は、ただ店番のドサ周りを

してるだけでしたので、隣のクリソの人たちとは、当時

まったくコミニュケーションは、ありませんでした。
 





ある雨の日に、本当に暇で、当時ウォークマンにある、


カセットテープを店内で、ガンガン流してました!!


a0266240_9343643.jpg



そのレコードは、これです!!
 



a0266240_23321429.jpg



a0266240_23325623.jpg



a0266240_23334385.jpg



a0266240_2334230.jpg



でも、うちの社長には、この手はダメだぞ!!

といわれてたが、ついつい店内に流していたら


となりから、リーゼントの男が ヒョイと顔を出した!!(同じ年位の奴)


(おっいいね~~!!君こういうの好きなの?)


a0266240_10384848.jpg




(あたぼうよ!!仙台の永吉とは俺のことだぜ!!)


とかフザケテ言い返したのが


始りでしたよ。
 



(で?最近なんで内装の色とか変えてんの?)


 
あっちが(ピンクドラゴン)大盛況はいいだjけど、


本店に人こなくてよ~~!!


リニュアル オープンすんだけど殆ど

中身は、変わらないのよ!!




古株のベテランとかブラックキャッツは、


こっちには来ないんだ!!


だから俺たちが交代でくるんだよ!!



(ふ~~ん!まっ俺と、にたようなもんだな!?)


と言う会話から、始ったような気がする。
 



歴代の店員で隣、同志宜しくやっていたのは、


後にも先にも、吾輩だけらしい? 



a0266240_10213252.jpg



a0266240_10214538.jpg


a0266240_10221729.jpg

by fujiyama50s | 2013-08-30 19:24 | 50s店長日記 (43) | Trackback

仮の話ですが!! アメリカビンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ

仮の話ですが!! 


アメリカビンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ 




a0266240_23115775.jpg


吾輩は 昔 目指す目標が 有りました。


それは 多摩美術大学に 入学して  画家に なるか 服飾デザイナーになる


夢が あったのですね。


a0266240_23101523.jpg



小学校の頃から 美術は ほぼ 5 評価 

(昔の最大)です。


とくに 絵 ですね!!

コンクール入賞も ありです!! 自慢です。


JUKI ミシンのアルバイトも 


学生の頃してまして ミシンの修理や


極薄の生地の 糸調整も 簡単にできます。




原宿サープラス時代 Gパンの裾上げ 


何百本も 致しました。

でも 絵をかく 仕事をしたかった。



趣味ではなく、仕事で。






a0266240_2252215.jpg


a0266240_22523079.jpg



a0266240_22525846.jpg

by fujiyama50s | 2013-08-29 23:09 | 50s店長日記 (43) | Trackback

様々な挫折の繰り返しの果てに 学ぶこと!アメリカビンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ 

様々な挫折の繰り返しの果てに 学ぶこと!


アメリカビンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ





さて 人生51年も 生きると 様々なことが 見える時が 有ります。

それは どんな 時か?


a0266240_2374939.jpg


イヤだな~~と思う時 その場面で 逃げたくなる時 とか 目を覆いたくなる時

などです。 例えばですが 仕事で お客から クレームが来た時に この客は嫌な奴だから

避けようとします。 その時は 避けられとしますが、別の場面や日時を変えて

同じようなクレームが 別のお客から 来たりする。 その時 あれ?前も 同じような

ことが 以前 あったような気がすると 思う。

または 高校生の頃、凄い嫌な奴が いて そいつと出会うと必ずといって

嫌な気分になる。 だが 我慢する。 すると又 そいつが 突っかかってくる!!

だが そいつは ジャイアンのような奴で 体も大きいし 喧嘩も強い。

だが そいつのイヤミに 逃げてると ズ~~とイヤな思いをする。


仕事で ミスをする時 なんか 自分に 言い訳したりするが なんかスッキリ

しない自分がいる。  つまり 問題が 発生した時 それから 逃げると

同じことが 又 別の機会に 訪れることに お気ずきですか?

そうです!! 人生は うまくいかないように 出来てるんですよ!

ただ 理想の人生を送りたい人には 並々ならぬ努力をした人には

それなりの ご褒美が つくという人生の法則のような物が見えてくるのです。

つまり 楽してると 喜びも それなりになるし、物凄い苦労すると

喜びも ひとしお になるのでは?

そして 恩恵を忘れた者には 懺悔の念が 残るのです。


したがって 若い時は 未来が有り 期待感があり楽しいですが 50歳頃には過去の

過ちをただし、明日の活力となる為に 人の為に 何かをしたくなるのが

人間の正しい生き方と気が付き 始めるのです。




 




a0266240_22555235.jpg


a0266240_2256089.jpg


a0266240_22562146.jpg

by fujiyama50s | 2013-08-27 22:56 | 50s店長日記 (43) | Trackback

50s って言葉とか古着とか知らない時代1970年代アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ 

50s って言葉とか 古着とか 知らない時代1970年代の日本! 

アメリカ ビンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ



吾輩が 中学の頃(1975年~77年) あまり 洋服にこだわる 人は 多くなかった。

と言うか、男が そんな 洋服とかに うつつをぬかしたら 

ロクなもんじゃね~~からな!!

と言う 戦後の親父たちが 多く、雷親父と いって 


男は だまって サッポロビール などの

コマーシャルが 流行する時代でした。


世の親父たちは サリーマンなら ゴルフやるから 

ゴルフシャツにスラックスとか

自営業の人たちは (造園・建築・商店・農業・漁業など他) 


夏は ランニングシャツに作業ズボン

など、休日なども ほぼ同じスタイルで、弁当は 


当時 タイガー象印の味噌汁も飲めるし

飯も暖かい ご飯が 喰える 弁当に がっついて渇食らう姿が 

昭和の親父たちの姿でした。

東京の青山学院などでは IVYというファッションが 

大学生の流行で アメフト観戦してる

姿が メンズクラブで 紹介されてる写真をみて VAN というブランドを知りました。



a0266240_12503869.jpg



a0266240_1224082.jpg


a0266240_1442494.jpg




さてこの当時 仙台では 三峰というお店や 


DAN FUKUYA というファッションビルが

現在の中央通りに 有りまして そこへ 洒落者たちは 


洋服を購入してました。

この時代 仙台で VANを購入できる 


お店は  DAN FUKUYA しかありません。

現在の仙台のVANが 出来たのは 1981年頃でした。



a0266240_1234187.jpg


a0266240_125180.jpg





石巻ですとVANミズノですかね。 または JUNエンドウが 


不良たちには 人気のお店でした。

塩竈ですと やはり当時は 安々屋か 軍物おいてる(名前わからず)お店くらいですかね。



前にも お話しましたが、この当時 


服買う選択基準は ブランドを買うか(リーガル・VAN)


安いアンちゃん用のアロハとかペラペラの皮ジャンとかわけの分らない洋服位しか

選択のよちはなしでした。



この当時 50sという言葉とか 


アメリカングラフティー(1972年制作 映画)が なければ



原宿も アメカジ・ブランドも あそこまで 大きくならなかったとと思います。



クリームソーダの社長たちが 初めて 使った 商用言葉が50sです。



a0266240_1271335.jpg




その頃 特別年代を意識した ファッションは まだ存在してませんでした。



今では 30sとか70s とか言う言葉は 古着雑誌などでも日常的に



使用されるようになりましたが



1970年代は まだそういう言葉すら 無かった時代ですので アメリカ人も




今で言うヴィンテージ古着に 価値など無いと思っていたところに



日本のクリームソーダの社長が 


多量に買い付けにきたのが ブームの始まりと

言われている。 


現在のハリウッドランチマーケットも初期1970年代は 古着屋だった。



アメリカ50sを売り物にしてる お店は 原宿 神宮前6丁目 ハイヒール で

当時の表参道のセントラルアパートの道路向かいの裏路地に あって



アロハシャツが多めにあり ホワイトパンツや



a0266240_14394973.jpg



オリジナルのラバーソールシューズが 売りでした。



あと マッチボックス(1975年頃) ここは 完全に今のヴィンテージショップで ヴォイスは

あとに できてます。



あと アメリカ50s系ですと 神宮前3丁目 


明治通り沿いの ミスターフリーダム




店員さんも リーゼントで サングラスや ジャックナイフ ボーリングシャツなど



小物類が 充実してるお店でした。




a0266240_14542332.jpg


a0266240_19165870.jpg





そして 今も有名なハリウッドランチマーケット神宮前2丁目   

1973年頃からスタートしている



a0266240_14463570.jpg





大なり小なり このお店の影響を いろいろなお店が 受けている。



吾輩もサープラス時代 お世話に なったが

 


やはり アメリカ古着は 1980年初期頃まで



だいぶ在庫が あって その当時はもう 代官山のお店が 3件ありましたので



すでに オリジナルブランドになり 当時代官山には

 

そんなに お店は 有りませんでた。



a0266240_14472981.jpg




第2の原宿とか 当時 いってましたから。今じゃ随分 駅周辺とか 変わりましたよね?




次は おなじ 神宮前2丁目の 極楽鳥 です。 おなじハリウッドランチマーケットのお店




ですが、ネオンサインのオーダーを受けたり カルソーシューズのコーナーが



あったり サド・マゾ好みの洋服をあつかっていた。



50年代のサド・マゾの小物やベルトなど


a0266240_1523433.jpg


a0266240_1933486.jpg





当時としては異色のお店でしたね。あの系統のお店は 今は ないと思います。


最後に 50年代 デットストックを中心に 


ニューヨークから集めてきた お店

原宿ペーパームーン (神宮前2丁目)です。 


店内は女物と男物の2室に分けて有り ここはもう




ヴィンテージの聖地というようなお店で デザイナー関係の人が よく出入りする



お店で 高級感のある洋服ばかりでした。

 

a0266240_129710.jpg





だが アメリカ古着をメジャーな商品にしたのも 


50sという文化を日本に定着させたのも



1977年頃から徐々に 浸透してきた時期なのです。


 

a0266240_12142494.jpg


a0266240_12113279.jpg



となりにある サープラスも ウナギの寝床のような



お互い小さな お店同志が ロックンロールとアメカジという違うアメリカの文化を



配信していた1970年代から 時代が移り変わり 現在のような時代へ



変貌していく ようになりました。



今の時代 1970年代の話を書いてるのは  


このような文化が 廃れてきてる現在



吾輩たちの世代の人は あまりパソコンになれてないので、ブログとか



やらないので このような背景で 現在の時代に なったことを今の若い人に



知ってもらいたいと思い 筆を執ってます。



仙台FUJIYAMAホームページに移動します


a0266240_11593050.jpg


a0266240_11593911.jpg


a0266240_1202956.jpg

by fujiyama50s | 2013-08-26 19:57 | 50s店長日記 (43) | Trackback

夜明けの刑事とキャロル!?1975年頃 冬の日 仙台ビンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ

坂上二郎とキャロル!?1975年頃 冬の日 


仙台ビンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ




1975年の冬のある日の話


中1の吾輩は、お正月も近い12月の中旬頃、学校の勉強をしていて

一段落したので、茶の間で午後4時頃に、テレビの再放送の(夜明けの刑事)という

番組にチャンネルを合わせ 何気にテレビをみていたら こんな映像が出てきた!!

キャロル?ん? なんだ?


a0266240_18493086.jpg


この頃は、吾輩たちも普通の中学生で、学校の部活や宿題など

まじめにやっていた時期である。

街場に出かける時は、学帽と学生服の着用は義務化されていました。


a0266240_19312255.jpg



だが、東京では、ロックンロールなどと言う 若者が熱狂しているバンドが

最近出てると言う認識はありましたが、吾輩たちには無縁の世界で

アメリカ被れの高校生や20歳前後の若者に、どうも人気が、あるんだろう!

と言う感じだったが。


当時小6年頃 天才バカボンという漫画でキャロルとうのは 聞いたことが

あったがテレビで見るのは、この時代みんな初めてでは、ないだろうか?


a0266240_19353861.jpg



a0266240_1038295.jpg


中1の吾輩たちは初めて キャロルの映像をみて次の日の話題は キャロルのことで

もちきりだった。





仙台FUJIYAMAホームページに移動します




a0266240_231042100.jpg



a0266240_231054100.jpg


a0266240_23112678.jpg


a0266240_2312032.jpg



にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
にほんブログ村






ビンテージ古着通販ランキング


ビンテージ古着通販ランキング

by fujiyama50s | 2013-08-25 19:23 | 50s店長日記 (43) | Trackback

アメリカ古着は もはや壊滅的状況に 近い  仙台アメリカ ビンテージ古着店 FUJIYAMA  

ヴィンテージ古着の壊滅的状況では? アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMA  

仙台アメリカ ビンテージ古着店 通販専門 FUJIYAMA


a0266240_1052348.jpg


a0266240_21495198.jpg



さて、過去の事例を基に、検証致します。

基本的なアメリカ古着マーケティング活動の展望



★ 最近の古着店(特に大型店の場合)

ブランド古着に力を注いでます。 これは 単に日本人のブランド好きをうまく活用してますが

個人的には、別にアメリカ古着じゃなくても良い人たちが 買う商品です。


★ ストリート系の古着屋

こちらは スケートボードに合う ワーク系のロスギャング系の 


XLサイズのデカ物 シャツ・パーカー

スニーカー・メッシュキャップ・シルバーアクセサリー などが 売れ筋です。


★ その他一般的な古着店

こちらは、マウンテンパーカーやモンキーブーツ・リック・80s 90s古着・バイカー系小物

アクセサリー・Sサイズを中心とした小さ目サイズの商品の展開など


★1930s~1950sを中心にフリー&イージ状態の高額古着屋


こちらは やけに高いプライスで どこのお金持ちさんを

ターゲットにしてるのか?


たとえば ロックTで2万円~4万円代とか 

アウター年代物で10万円~20万円とか


ただ こういった高額プライスのお店程 店内は常に ガラガラ です。


カードでも つかって購入してるのだろうか?まか不思議です。


高額プライス古着店は ブログにかなり 力をいれてます。



高額な値段を付けて セールをしても 意味がないと 思いますが。




みなさんは 如何な 感じだろうか??



芸能人のブログとか今のヤングのファッションを見ると古着を買う層が 見えてくる!!




a0266240_12212694.jpg



仙台FUJIYAMAリニュアル ホームページ

マーケティング活動を実行する上で、基本的なマーケティング活動の3

の法則という考え方があります。



1つ目は 「マス・マーケティング」


2つ目は 「製品多様化マーケティング」


3つ目は 「ターゲット・マーケティング」 です。




a0266240_1941822.jpg


仙台に今から 10年前は 約80店舗~100店舗位は 

アメリカ古着店が 有りました。

2013年の現在は 如何でしょうか? 

約10店舗もあるかないかでは ないでしょうか?

約十分の一です。 ブックオフや セカンドストリートは 含まれず。

今や アメリカビンテージ古着もその他の 古着と同じ扱いですので

アメカジブランド古着コーナーに 


いくと二束三文で 売れれているのが 現実です。


特に今は 少しでも汚れやスレ・ピンホール・サイズの

大きい(L)サイズなどは

売れないので 大抵 (S・M)サイズしか仕入れない


 アメカジショップもあるくらいです。


なぜ?このように なってきたのか? 価値観の相違だけでは


ないようです。 古着がブランドのように
 


高騰した時期に 古着好きな人たちが


かなり古着から 離れて行ったようでようである。



a0266240_2394392.jpg








この時期 もうけ過ぎた古着店のオーナーたちが 

不動産部門に手を出し始めて

資産確保に 回ったが 全部裏目に 出ている!!

相当ビンテージ古着に 値段を吹っかけて

店頭で 売れてる時代に 終わりが来たのである。

今は WEB SHOP で最少限度の経費で運営し 


家賃が出るくらいになれば

お店は 構える時代です。お客の目も肥えてしまい

在庫の状況も考えると

そのほうが 賢明でしょう!!



a0266240_205327.jpg



アメリカでも 日本人のビンテージ古着離れは深刻な問題です。

今まで かなり高い値段で購入してた

バイヤーたちも廃業してしまい

ドル箱だった日本人も、アメリカ古着を

あまり高い値段での取引に応じなくなったので

カリフォルニアあたりでは 廃業してるディーラーも多いのが現実です。

したがって 現在 残存する元古着屋は、


アメリカ カジュアルのブランド専門店として

存在している 御店が 多いです。


日本人は ブランド好きなので ブランド品を

扱うほうが 経営を安定させやすいのである。

だが その救世主のアメカジ ブランドも


今や 至難を突き付けられている!!



a0266240_11332845.jpg




商品が品薄も状態も事実であるが 日本での需要が無くなってきてるので

アメリカも今は不況で 大変らしい。

相当のベールーや古着の山から ピックす作業は


肉体労働だが

それ程のことをする価値が はたして あるのだろうか??

このように アメリカでは いわば日本の 


BOOK OFFの100円フリマー

ような所から 売れそうな古着をピックする作業を1日かけて やり

何日か ラグハウス・倉庫や田舎のフリマなどを

かぎ分ける 宝探しのような

ことをやっても 日本では それ程の価値が


認められなく なった商材である。



a0266240_10314631.jpg


a0266240_2334056.jpg


a0266240_2334148.jpg


a0266240_1913442.jpg



マス・マーケティングにおいては、


一般的に市場が生成期段階において採用される

アプローチであり、 もはや現在の市場では


極めて難しいマーケティング手法と言えます。


a0266240_21281025.jpg


又製品多様化マーケティングにおいては、


消費者のニーズが高度化・多様化している現在、

むしろ当たり前のように可能な限りの企業努力が求められます。


にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

現在のマーケティング環境におけるトレンド


現在、


多くのビンテージ古着市場で過当競争・過剰供給の状況でもあり又、

実態経済の景気低迷とアメリカカジュアル市場の収縮により、


企業は売上高を向上・維持することが

決して簡単ではない現況と なっております。



a0266240_12313368.jpg




アメリカカジュアル市場が一気に拡大することは

非常に考えにくい市場環境の中で、


ビンテージ古着店を維持・継続するには


「利益拡大」 と 「コスト削減」 を図らなければなりません。


a0266240_2127712.jpg



利益を拡大するために必要な企業努力とは、

「いかに付加価値を高め追及するかであり、ビンテージ古着の値段を

吊上げることでは、ありません!!」 であり、コスト削減を図るためには、

「無駄なコストはどこに潜んでいるか」 を 見極める必要があります。


a0266240_1255323.jpg



入店数が、1日平均で、30人以下では、アルバイトなど必要ありません。


これらの活動は客観的視点で自社を捉えることが必要だと言えます。


a0266240_12395762.jpg





a0266240_12451571.jpg



自己破産最大のデメリットは?

a0266240_12331954.jpg



自己破産をした場合に発生するデメリットは多数ありますが、


その中でも一番厄介なのは、他人に迷惑をかけるという点です。


破産した場合、自分自身だけでなく


家族の財産をまとめて失うので、家族を路頭に

迷わせる事になりかねません。


a0266240_19304392.jpg



当然、子供の養育費、あるいは学費といったものを

支払う事が非常に難しくなってきます。



それが原因で離婚する家庭も非常に多いといわれています。


a0266240_1234216.jpg



a0266240_12342144.jpg



そして何より問題なのは、家族だけに迷惑が

かかるわけではないという事です。

そのあたりをよくご理解したうえで、

飲み会するなり、夜勤のアルバイトするなり

ビンテージ古着店の健全なる運営を目指すべきでしょう!!


自己破産によるデメリットは、家族だけではなく連帯保証人にも及びます。


a0266240_12422818.jpg



というのも、自己破産をした場合でも、

その連帯保証人に対しては一切返済の免除が成立しないのです。

つまり、破産してしまった人への取立ては


制度の施行以後不可となりますが、

連帯保証人への取立ては特に規制されていないので、

必然的にそちらへ債権者は取立てを行う事になるのです

基本的な考え方を申し上げますと アメリカ古着は 


もう趣味で やる時代です。


a0266240_23593629.jpg


インターネットで 安く買える時代です。 

ですから 時代の変化に対応できる


商品の独自性や オンリーワンの小売店しか今後 生き延びれる

要素は ないということです。 ですから 以前にも お話してますが

借金を膨らましてるくらいなら 廃業して 


本職を見つけて インターネット販売に切り替えて

おくほうが まだ 無難な時代だと言うことです。


アメリカ古着のセール依存症候群たちでばかりで 


正価は なんなの為に あるのか? 意味が 無いです。

以前の古着店も 高値を付け過ぎた 責任も 大きいでしょう!!






吾輩が 50sの参考書のような映画と推薦できる作品です!!


是非 50s好きの方は ご覧くださいませ。


The Greatest Show






昔 古着屋さんしてる元オーナーのひとたちは、


まったく別の仕事をしてます。


それが今の現実なんですがね。

これからって気もするしね?どう思いますか?
 






a0266240_11355955.jpg


a0266240_1136998.jpg


a0266240_11362623.jpg



にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
にほんブログ村




ビンテージ古着通販ランキング


ビンテージ古着通販ランキング

by fujiyama50s | 2013-08-24 10:52 | 50s店長日記 (43) | Trackback

1950s ロカビリー地獄 映画 アメリカ ビンテージ古着店 FUJIYAMAブログ

1950s ロカビリー地獄 映画 


仙台アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMAブログ




この映画を今から 約25年前位に

八潮のレンタルビデオ店で 見つけて

みたら もう当たりでした! まあ ロカビリー地獄というのも

大げさかも しれませんが・・・・・・・・・・


映画の制作は 昭和30年代頃の作品でした。


a0266240_2235825.jpg



しかも 当時ものビンテージスカジャンを

着たチンピラが 車で牽かれて


生涯 悪いことばかり して人に


迷惑ばかり かけて生きた報いの為


奈落の底の地獄へ 落とされ ひき逃げした犯人は 


夜な夜な そのチンピラの

怨霊に悩まされ、最後は 自殺してしまい 


そいつも地獄へ 引きずりこまれ

地獄で 苦しむ というストーリーです。


a0266240_22352976.jpg




よく こんな 映画を当時制作したもんだと 関心致しました。



日本でいうところの 仏教の地獄を実写にした 映画は 


この「 地獄 」 が

最初で最後では ないでしょうか?


もし みなさんが ご興味なければ かまいませんが


よろしければと 思い ブログでのご紹介です!!



まずは ご覧くださいませ。







a0266240_22334644.jpg


a0266240_22335825.jpg


a0266240_22341479.jpg


a0266240_22343280.jpg

by fujiyama50s | 2013-08-20 22:35 | 50s店長日記 (43) | Trackback

ロックンロール原宿で 銭湯通いしてた時期 仙台アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMAブログ

ロックンロール原宿で 銭湯通いしてた時期 仙台アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMAブログ

アメリカビンテージ古着店通販専門 FUJIYAMA


a0266240_2142370.jpg


今 あるかどうかは さだかでは ありませんが、1980年代 ガゼットビルの裏に

銭湯が 有りました。 アパートはキャッツ通りの ナイスという たぶん現在ない

インテリアショップ(雑貨屋)の並びに 福寿壮 というアパートがあり

歩いて(ラフォーレ原宿方面)、キャッツ通りの表参道出口が 当時 ヴィブレ 手前に

天才バカボン風の腹巻 髭親父の八百屋(現在もある) 先を左にまがると スーパー有り

向かい電気店(一般的店)のY路地に 銭湯あり。  えっ原宿の明治通りまで 徒歩1分の

場所です。 原宿が当時 一般住宅街のなごりでしょうね。あったんですよ!!


a0266240_2151546.jpg




現在あれば 又 行って見たいですが。 サンダル履いて 下ジャージの上 ランニングシャツ

で、銭湯帰り 向かいの定食屋で レバニア炒めとビールで 巨人戦をテレビで観戦。

エアコンの無い 熱い部屋に戻り テレビ東京鑑賞が 日課でした。


a0266240_223830.jpg



案外原宿って 住みやすい 場所でした。 ディズニーランドの中にアパートが あるみたいな

感じでした。 ネオン管と普通の住宅が 奇妙なとり合わせで、おばちゃんとか

青森出身の大正生まれの爺と婆がちかくのセイブオンのマションの管理人

とか やってたり、夜散歩してると 結構 芸能人が 飲みあるいてる姿を目撃したり

非日常な生活でしたよ。




a0266240_2123816.jpg


a0266240_2124939.jpg


a0266240_213413.jpg


a0266240_2132697.jpg





ビンテージ古着通販ランキング


ビンテージ古着通販ランキング



にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
にほんブログ村

by fujiyama50s | 2013-08-20 21:05 | 50s店長日記 (43) | Trackback

丸光デパート   仙台アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMA

みかん 金柑 夏蜜柑 仙台アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMA


アメリカビンテージ古着店通販専門 FUJIYAMA


a0266240_21185654.jpg







みかん 金柑 夏蜜柑 って みなさん 知ってますか???


昔 流行ったんですよね~~~!!

さて それは さておきましてですよ!!


丸光デパートは 仙台のデパートの花形ですよ!!


丸光  まっるみつ  丸光デパート!!


もちろん 今は 有りませんが。 現在は さくらのデパート ですが。


a0266240_21224395.jpg



街に行けば~~~~あなたに~~~会える ~~愛のある街 丸光~~~。








みんなで 丸光デパートのことを もっと知ろう!!


仙台といえば 丸光デパート以外 考えられない!!かも!?






a0266240_21174031.jpg



a0266240_21175189.jpg


a0266240_2118441.jpg






ビンテージ古着通販ランキング


ビンテージ古着通販ランキング



にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
にほんブログ村

by fujiyama50s | 2013-08-19 21:22 | 50s店長日記 (43) | Trackback