1980年夏から~原宿とか各地の公園などでは 仙台ヴィンテージ古着店 FUJIYAMAブログ

1980年夏から~原宿とか各地の公園などでは 

仙台ヴィンテージ古着店 FUJIYAMAブログ




原宿日曜日 表参道!どうですか!?
 


a0266240_20345443.jpg




a0266240_22562463.jpg




▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽



▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽



やはり、この時代ジェムスディーンは、


はずせません。 ヒーローでした。


 


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽





▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


a0266240_230137.jpg




a0266240_2304789.jpg


そして、クールスの原型となった映画がこちらです。 


a0266240_23231458.jpg


ワイルド1



▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽







▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽





ここからFUJIYAMAホームページへ


http://samplefujiyama.web.fc2.com/






by fujiyama50s | 2013-03-26 16:52 | 50s店長日記 (43) | Trackback

アメリカ古着の現在の状況  アメリカビンテージ古着店   FUJIYAMA ブログ

アメリカ古着の現在の状況  

アメリカビンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ






アメリカの古着屋


アメリカの古着が日本に出現から約35年を迎える

今、時代の転換期をむかえつつある!
 



ここ数日で昔の知り合いの原宿、渋谷、の古着屋へ訪問致しました。



どこのお店でも、”よくこれだけいいモノ集めたな”


と思いつつ聞くのは、


「不景気で売れないよー!!」 の言葉 !!


a0266240_1113302.jpg



日本では古着に飽きたかなと思っていながら、

同じモノがアメリカでは、新鮮で良く見えてくる事があります。

高円寺ではアメリカの空気感で、普段とは違った視点で見れるし

お店のセレクトや見せ方も渋谷とは違い、アメリカっぽくて新鮮です。
 






アメリカでもこれだけの、クオリティーが高くて良いものを探すのは難しく、


小さなお店でも、独自の面白いセレクトをしている所は沢山あると思います。
 



a0266240_145489.jpg




日本人の古着やファッションを見る目が肥えたのでしょうね。 

アメリカの古着のポジションは、低いです。正直


はっきりいって、どうしたら生き残れるか?という世界ですよね。

(需要が狭く、成熟した業界で売り上げは元々伸びない)


a0266240_1465222.jpg



つくづく思うんですが日本の若者(20から30代の男性)はあまり金を持っていません。

あっても、まず買わないよね?おどろくよ!!欲しがらないから。

仕入れに関して

a0266240_148496.jpg


a0266240_14353992.jpg



実は、吾輩もここ数年、アメリカに行ってないので、古い情報しかないんですよ。



何度か行ったセントルイスのスリフトが良かったですよ。

ユニバーシティシティのロータリーだったと思います。

イケてるスリフトにしても古着屋さんにしても、自分の足で見つけるのが一番ですよ。


a0266240_14365046.jpg


a0266240_14375152.jpg



なるべく多く回って自分だけのお気に入りの店を見つけるのが良いかと思います。

ただ、スリフトもゴミしかないしな~~

倉庫のブローカーも値段を釣り上げるし

アメリカも凄い景気悪いので。今は、最悪ですよ!!


もっとも苦しいのは、メーカーじゃないでしょうか?ナイキにしてもエアジョーダン以外は売れないんですから。

(これも、古ネタ!)


リーバイスにしろ鬼のように復刻物をリリースしていますね。

これが女性になれば、選択の幅は広がるんでしょうけど、女性は古着は絶対イヤ、という人がとても多いですよね。

(値段を仕入れ価格以下の捨値の場合は例外)


a0266240_11113525.jpg


1980年代 古着ブームになった、キッカケは、チープシックなアイテム アメリカ古着で

街に出かけよう!!(当時は、新鮮なデザイン・素材・刺繍・などデザイナーからも注目されていた)

中古に抵抗のないのは、やはり男性でしょうか。
 


a0266240_116236.jpg


a0266240_1164823.jpg



ファッション特集で最近女性物のアイテムを男性が取り入れ

るのが流行っていると......

例えば今まで女性だけのアイテムであったレギンスの男性用が発売されて

そこそこ売れ行き好調のような

のです。

a0266240_17373335.jpg


a0266240_17365632.jpg


そしてメンズのレギンスのことをメギンスと呼び、柄物まであるようです。

ハーフパンツ等とコーディネートするようなのですが.........

びっくりした事にスカートの下に穿いていた男性を見かけたことありますよー


時代の移り変わりはとても早いものですね。


モバイル業界をみても次から次へ新しい物が開発されています。

それはメンズファッションにも言えることです。

皆さんは今年のメンズファッションのトレンドはなんだかご存知でしょうか?

そうなんです、今年はワーク系といわれているシンプルでアクティブなファッションが流行になっています。



メンズファッション20代後半



20代後半になってくると学生時代からの若さが取れてカッコいい大人へ変わっていく年代です。

新たな趣味や自分のステップアップに磨きをかける時期だと思われます。





a0266240_10394717.jpg




FUJIYAMAホームページは 下記のアドレスからホームページに移動しますfont>

http://samplefujiyama.web.fc2.com/

by fujiyama50s | 2013-03-20 23:30 | 50s店長日記 (43) | Trackback

原宿ミスターフリーダム 1978年頃  アメリカ ビンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ

ミスターフリーダム

仙台ビンテージ古着店 通販専門店 FUJIYAMA



FUJIYAMA 店長ブログだけを見たい方は、右側の50s店長日記をクリック

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽



仙台FUJIYAMAホームページに移動します



a0266240_20182683.jpg


a0266240_20184857.jpg



a0266240_11113339.jpg


]
a0266240_11133313.jpg



a0266240_206412.jpg



1977年頃の原宿

ロックンロールショップ   ハイヒール


a0266240_11181816.jpg


a0266240_11184761.jpg


a0266240_1119652.jpg


このオリジナルのシューズこそ、

のちのカルコークがこのスタイルをまねたような気がします?


でも、この当時はこんな大物のお店も実は、

古着屋からのスタートでした!!

ハリウッドランチマーケット!! 



現在は、2012年で日本の景気もかなり低迷して


若者の価値観とかファッションスタイルや生活スタイル、

そしてデジタルな社会に変貌してしまいましたが、


a0266240_2185810.jpg


この時代頃の若者は、景気もよい時代で街全体に活気に溢れ


そして、暴走族やらキャロルの解散によるロックロールスタイルの

始まりの時期でもありました。まだこの頃の原宿は


静かで住宅地と表参道と明治通り近辺に、


お洒落なお店がある穴場的存在でした。


a0266240_1122421.jpg



a0266240_1003018.jpg


当時の日本は、歌謡曲が中心的な音楽で

ピンクレディーなどが活躍していた時期で


月刊 平凡 明星などの芸能アイドル雑誌なども人気でした。

当時ヤングオーオーという番組も人気で、カップヌードルや


エースコックのカレーヌードルなども当時としてはかなりヤングの人気食品でした。

当時中学だった私は、バスケット部に所属しており


鬼塚タイガーのバスケットシューズが欲しくて

a0266240_20174760.jpg



お年玉で来年のお正月の初売りには、


是非とも買う予定でしたが、これを見て予定が変わりました。



a0266240_1011089.jpg



リーバイス501のGパンが


欲しくなりました。でも当時は7800円位

はしました。中学生には高額な商品です。


あの当時リーバイス501を着用する金がるのであれば、

アディダスのジャージ上下でたしか12000円をがまんして


買うほうが良いのでは?と悩むくらいでした。


このポマードは高級すぎて使えませんでした。

a0266240_22101082.jpg





a0266240_10172174.jpg



a0266240_10181551.jpg



a0266240_1018404.jpg



a0266240_21242796.jpg


a0266240_23312099.jpg

by fujiyama50s | 2013-03-18 19:53 | 50s店長日記 (43) | Trackback

The Gorgon (1964) Theatrical Trailer  仙台アメリカ ビンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ

The Gorgon (1964) Theatrical Trailer  仙台ビンテージ古着店   FUJIYAMA ブログ

仙台アエリカ ビンテージ古着店通販専門 FUJIYAMA

過去にみた映画のご紹介です

The Gorgon is a 1964 British horror film directed by Terence Fisher for Hammer.

It stars Peter Cushing, Christopher Lee, Barbara Shelley and Richard Pasco. The film was photographed by Michael Reed, and designed by Bernard Robinson. For the score James Bernard combined a soprano with a little-known electronic instrument called the Novachord. The film marks one of the few occasions when Hammer turned to Greek mythology for inspiration; this time it is the legend of the Gorgon that is respun for the Hammer audiences. 




a0266240_22411269.jpg


a0266240_22413761.jpg






The year is 1910. In the rural German village of Vandorf, seven murders have been committed within the past five years, each victim having been petrified into a stone figure. Rather than investigate it, the local authorities dismiss the murders for fear of a local legend having come true. When a local girl becomes the latest victim and her suicidal lover made the scapegoat, the father of the condemned man decides to investigate and discovers that the cause of the petrifying deaths is a phantom. The very last of the snake-haired Gorgon sisters haunts the local castle and turns victims to stone during the full moon. 

http://www.youtube.com/watch?v=he7XF2ynycs


我輩のおすすめの映画です!! 


お断り   これは あくまでも当時の吾輩の 思い出 話としてのブログです。

これは、あくまでも個人的な意見ですので、商品を推奨するためでは、ありません。
 







是非ご覧くださいませ!!  




a0266240_22454760.jpg





a0266240_22461160.jpg




a0266240_22464661.jpg



a0266240_22471054.jpg

by fujiyama50s | 2013-03-15 21:28 | 50s店長日記 (43) | Trackback

ヴィンテージ80sスイングトップ入荷情報  アメリカビンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ



仙台FUJIYAMA アメリカビンテージ古着店 通販専門店

平成26年 4月15日で FUJIYAMA アンティーク通信販売事業を終了致します。

ご了解いただきますよう、お願い申し上げます。



 




1980年代頃の80sスイングトップです。


商品名  80sゼロ戦 スイングトップ 

プリントが、NAW な感じです!


サイズ(S~M)に相当です。

古着としては、普通の状態で、まだまだ着用できる商品です。


大変珍しい商品ですので! お早めに!


詳しいサイズ 詳細は、アドレスからどうぞ!!


お問い合わせは、こちらよりどうぞ



a0266240_1742290.jpg


a0266240_12364112.jpg


a0266240_1742258.jpg


a0266240_1744286.jpg


a0266240_1744652.jpg


a0266240_1754093.jpg



■商品状態  ランク  【 B 】です。


あくまで30年以上前の商品ですので、ご理解のある方のみご検討くださいませ。


目立つダメージなどありません。 多少使用感あります。クリーニング済みです


Bランク  :使用感はあるが、傷や汚れの少ないが使用頻度がある商品


プライス 7.800円 でございます。(税込) 


送料別 ゆうぱっく60サイズ予定

★お支払方法


•銀行振り込み (七十七銀行)

•郵便振込み   (ぱるる)

a0266240_18122751.jpg


宮城県公安委員会古物許可番号  第221000000756



ビンテージ古着通販ランキング


ビンテージ古着通販ランキング



■返品・交換について


古着という商品の性質上、返品・交換は一切受付できません。

商品について、不明点・気になる点等ございましたら、

ご購入前に必ずお問い合わせください。

但し、弊社のミスによるもの(ご注文商品と


異なる商品が納品された等)

につきましては、

商品到着日より7日以内にご連絡ください。

送料・手数料を弊社負担にて迅速に対応致します。

配送会社による破損につきましては、

速やかにご連絡ください。適切な対応を致します。

通信販売の専門店ですので実店舗は 現在休業中ですので 

不明な点は お問い合わせください





 TMコーポレイション 




■ 商品の特性について


アンティーク品 古着については、一定の使用感・多少の汚れ・多少のダメージ当が、ある場合

が、御座いますので、古い商品に理解のある方に、お勧めする商品です。

新品のような状態をお探しの方や、古い商品にご理解の薄い方には、お勧め致しません。



アメリカ雑貨 ヴィンテージ古着 などの通販サイトショップです


 


a0266240_21164652.jpg

a0266240_171027100.jpg

by fujiyama50s | 2013-03-13 10:03 | ビンテージブルゾン(13) | Trackback

ヴィンテージ古着の価値観変化 アメリカビンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ

ヴィンテージ古着の価値観変化 仙台ビンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ 

仙台FUJIYAMA アメリカビンテージ古着店 通販専門

a0266240_2241099.jpg



さて、今後の2013年のヴィンテージ市場をさらに分析してみましょう!!


生活者の価値観が変化しているため、消費者ニーズの把握が難しくなっている

という声が企業経営者などから聞かれる。


a0266240_2374975.jpg



「ビンテージ古着店の競合他社の状況


競争優位な価格で市場導入する場合、様々な規定もありますが、

古着の買い手側である消費者がその商品に対して圧倒的に低価格を望んでいるのであれば、


古着価格を調整せざるを得ない状況になりますし、

価格引き下げをしないのであれば、必然的に販売数が低下することが予測されます。

a0266240_23143212.jpg



仙台市の古着店の壊滅的状況は、この辺が、ターニングポイントです。

ただしある一部のお店では、すでに実行してかなりの業績と収益を上げてますよ!!




a0266240_21263190.jpg



背景には将来不安などの社会的変化があるとも言われている。

吾輩は、生活者の「巣篭もり志向」、「つながり志向」、「安らぎ・癒し志向」といった

価値観変化を検証するとともに、こうした価値観が消費行動に影響している可能性を検討するものである。


a0266240_20111849.jpg



生活者の上記のような価値観が重要であるとすれば、

年齢、性別、年収などによる従来のアメリカ古着消費者の

a0266240_21315079.jpg


セグメンテーションはあまり有効ではなく、

(市場を分類し、その性格にあった商品の製造・販売活動をすること。)


消費者ニーズを的確に把握できないという結果につながる。

a0266240_21203067.jpg



こうした点を、旅行消費という文脈で検討し、

ヴィンテージアパレル企業のマーケティング戦略などへの

インプリケーションを考察するものである。

さて、古着屋のホームページの分析の仕方を伝授します!!

a0266240_23182330.jpg


カテゴリ別に解析(コンテントのグループ化)

ページをカテゴリ別にグループ化して傾向を大きく捉える

サイトの複数のページをグループ化(コンテントグループ)し、

そのグループごとの傾向を分析することができます。

a0266240_18583681.jpg


個別ページごとの分析に比べカテゴリ別に人気度や訪問の傾向を大きく捉えることができ、

サイト全体の最適化などに役立てることができます。

a0266240_225243.jpg


例えばビンテージ50s古着を販売しているサイトでは、

「アウター」「ボトム」「シャツ」など一般的なカテゴリ別にグルーピングして解析することもできますが、

視点を変えて「ファラオコート」「カウチン」「スタジャン」「スカジャン」など

a0266240_18594583.jpg


嗜好カテゴリ別にグルーピングして解析すると、違った傾向が分析できることもあります。

コンテントグループを設定すると、他のレポートでのフィルタなどでも設定できますので、

例えばページ経路をカテゴリ別に見ることで「ファラオコート」のページに訪れる人は

「スカジャン」のページも訪れる、といった傾向を把握することもできます。

リアルコンテンツなども活用しましょう!!

a0266240_1901672.jpg

 



巣ごもり傾向の拡大



巣ごもり傾向は、年齢が上がるほど、また年収が低くなるほど強く表れていましたが、

性別による差は異なります。

20代~30代に多く出ている傾向です。


a0266240_2012767.jpg


また、将来に対する不安が大きい人、5年前と比べて不安感が大きく

なった人ほど巣ごもり傾向がみられました。

性格との関係を見ると、古着購買意欲に慎重な人のほうが購買意欲が大胆な人よりも


a0266240_2124417.jpg


巣ごもり傾向が出ていました。

この辺が、ポイントですよ!



支出に対するメリハリ傾向



年代でみると、20代~30代で支出のメリハリ傾向が強いものの、

性別や年収による差はみられませでした。


ただし、高額なビンテージ商品はもはや、時代のニーズには、あいません!

ニーズがあわない 物販部門では、衰退していくことでしょう!!

a0266240_21125644.jpg


特に世帯をお持ちの経営者は、よく考えてみると良いでしょう!

暇な店内で、パソコンを眺めてる日々なら、夜は運転代行や、居酒屋などで


アルバイトしながらでも無理維持するつもりなら、話は別ですが、

店内で蜘蛛の巣的に、入店客を待つお店では・・・ちょっと先が見えてる感じです。

a0266240_22495148.jpg


実際、お店を運営する為、お店の閉店20時から夜間の運転代行をして夜中3時頃まで

仕事をして奥さんへ給料を渡しているオーナーも珍しくありません!!

そこまでやって維持するのであれば、逆に根性ありありで良いと思います!!




a0266240_20123224.jpg


また、将来に対する不安が大きい人、5年前と比べて不安感が大きくなった人、

5年前と比較して現状の満足度が向上した人は

支出のメリハリ傾向が強いことが、考えられる。




性格による差は特にないように、認識してます。


刺激から癒しへ



30代で癒し傾向が強いこと、性別と年収による差はないこと、

将来に対する不安が大きい人、5年前と比べて不安感が大きくなった人ほど

癒し志向が強いことが、考えられます。

a0266240_20131951.jpg


また、現状の満足度が5年前と比較して高くなった人は

刺激を求める傾向があること、性格との関連でみると、


古着に神経質で慎重な人は刺激より癒しを求めることが多いです。

その辺の現代古着消費者ニーズを踏まえて

a0266240_21403480.jpg



大胆な変革の時期と認識致します。

大胆な割引と大胆な在庫処分が、出来ない経営者たちは


現代古着消費者ニーズとの・ズレの解消


売り手は3つのアプローチをとることができる。


a0266240_2219187.jpg


(1)マス・マーケティング

(2)製品多様化マーケティング                         

(3)ターゲット・マーケティング



ビンテージ古着製品ポジショニング

(1)各ターゲット・セグメントについて可能
ポジショニング・コンセプトを明確化する。

(2)選択したポジショニング・コンセプトを選定し、開発し、伝達する。


もちろんこの辺りは、常識ですのであえて、説明致しません。






古着市場の細分化を図り、最も効果的な標的市場を選定し、

選択された特定のビンテージ市場に向けて経営資源を効果的に投入する手法をお勧め致します。


a0266240_2216173.jpg


古物業は潤沢な資金が豊富にあるわけでは ありませんので、

限られた資金とアメリカのバイヤーを効果的且つ短期的に

投資(仕入れ)・回収(売上)しなければなりません。


a0266240_2213490.jpg


よって集中化戦略(ターゲット・マーケティング)をいかに戦略的に計画・実践していくかが

企業の強みあるいは弱みとなります。しかし一方で、

宮城県内の古着業はこのターゲット・マーケティングが極めて弱く、

戦略的に実践している古着店は極めて少ないと言えるのではない でしょうか。


a0266240_22144792.jpg


これを実践するにはまず、古着市場の細分化及び分析・評価が必要になります。

ただ単に、運営しているお店は、まず勉強してくださいませ。


ブログで、商品を出してるだけでは、残念ですが、淘汰されることでしょう!!


a0266240_2248552.jpg




今後、仙台ヴィンテージ古着店の行方を見守りたい!!


a0266240_20144244.jpg






お知らせ

FUJIYAMAホームページが 新しくなります!!


a0266240_10172169.jpg


a0266240_18501528.jpg


FUJIYAMAホームページは 下記のアドレスからホームページに移動します


http://samplefujiyama.web.fc2.com/




a0266240_10182089.jpg


a0266240_18523927.jpg


a0266240_18534792.jpg



にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
にほんブログ村


アメリカ古着・USA
アメリカ古着

by fujiyama50s | 2013-03-06 21:01 | 50s店長日記 (43) | Trackback

2013年アメリカの古着業界の市場動向 アメリカビンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ

2013年アメリカの古着業界の市場動向 仙台ビンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ

仙台アメリカビンテージ古着通販専門店 FUJIYAMA

a0266240_12243221.jpg


a0266240_12254447.jpg

 予想的中!!厳しいスタートで新年の幕開け!生残りを賭ける年

a0266240_21394873.jpg


a0266240_21422343.jpg


今年は政権交代もして、経済の景気回復などの部分がどのように変化していくか

様々な憶測が有ります。


a0266240_21364158.jpg


a0266240_21374471.jpg


百術より一魂!!


a0266240_21441586.jpg


a0266240_21361360.jpg


a0266240_1352283.jpg


a0266240_13542171.jpg



今回は、アメリカ古着とアパレル業界の市場動向などについて検証してまいります。
 



景気の停滞感による古着消費者の購買意欲は低迷しています。

一部の富裕層を除き、消費者の傾向は「安くて良いもの」を好む方向に。

ユニクロのようなファストファッションが支持される一方、百貨店を中心とした高価格帯のアパレルは敬遠される結果に。


高額なビンテージアメリカ古着の崩壊

a0266240_1141566.jpg
a0266240_1141797.jpg
a0266240_1145589.jpg
a0266240_115376.jpg




2005年頃から、ビンテージデニム類・ビンテージカウチン・ビンテージアロハ スタジャン USEDTシャツ

ビンテージニット類・ビンテージ放出品類(MA-1) (軍物) (革製品) などの商品が

売行きが落ち始めた。


a0266240_2323344.jpg


そして、古着屋の救世主だった リーバイス501のレギュラー物

ピタリと売れなくなった!!


アメリカビンテージショップもやはり、高額な商品(1万円以上の商品)は、敬遠され

a0266240_14184540.jpg


a0266240_1419519.jpg


a0266240_23472547.jpg


a0266240_14211646.jpg


a0266240_1422398.jpg



良い商品を並べていれば売れる時代は終わりました!!

a0266240_13274583.jpg



ショップ店内も空洞化現象になり、顧客離れがおきています。

ビンテージショップの今後の行方は、よりコアな客層・より質の高い商品を希望する

ニッチなファン層を経営するお店の来店促進に、どれだけ獲得できるかで

生き残れるかどうかの世界でしょう!

a0266240_23442235.jpg


a0266240_0263457.jpg


a0266240_027621.jpg


理想だけでは、顧客は集まりません。(ビンテージ好きだから古着店やってますは、趣味の道楽ショップ)

市場の変化は早く、顧客のニーズにのれないお店は、淘汰されていくことでしょう!!



a0266240_18431779.jpg


アパレル市場全体の勢力図もここ数年で様変わりしました。

また、08年秋からはH&M(スウェーデン)、フォーエバー21(米)など外資系企業が参入。


a0266240_11292679.jpg


ファストファッションにさらなる拍車がかかる一方、価格競争もますます激化することが予想されます。




アメリカ古着の市場と今後の予想と戦略は?どうなる?


現在若年層のアメカジ離れや古着に対する価値観の低下は、さらに進み今後

益々厳しくなると予想されます。


a0266240_2327723.jpg

a0266240_13572889.jpg

a0266240_13575414.jpg



以前のアメカジ好きの30代~40代のおとうさんたちは、年に1~2度来店する

程度と考え、新たなファン層の定着や小売店の独自性の商品構成

インターネットでの顧客獲得の商業戦略は必須でしょう!!


a0266240_134236.jpg



ブログで商品をアップしても来店促進には、


あまり期待できるような効果は望めないのではありませんか?


今一度、考えてみる必要があるでしょう!!

a0266240_1344692.jpg


世間の消費者たちは、初売りやバーゲンなどは、年末の恒例行事程度の認識です。

むしろ、初売りが終ったあとの最終処分バーゲンに興味


が、あると認識いたします。

a0266240_13375815.jpg


a0266240_13394416.jpg


a0266240_13413210.jpg


初売りで買うのは、素人です。 (このような風潮です)

a0266240_23184062.jpg



アメリカ古着店で、利益だして安定経営できる地域性もあります。

a0266240_13311598.jpg


1日の来店数と店舗の滞在時間・来店数に対する商品のヒット率

動きの止まった商品は、(1年以上も売れない商品) もはやデットストックです。


a0266240_23323515.jpg


a0266240_23341451.jpg


a0266240_23353179.jpg


a0266240_23582859.jpg


在庫を処分しなくとも、運転資金がまだ半年以上あるならば、ネットで安く捌くのが

賢明と考えることでしょう!!

来店数が、一か月で平均1日辺りで、10人から~20人程度なら、健全な運営とは決して言えません。

a0266240_1403270.jpg



原宿での販売と㈱上野商会時代の運営経験上からいくと


人の心理を理解できない商人は、すぐに淘汰される。

a0266240_1353286.jpg


販売力・商品力・店舗の地域制・などは、当たり前で、むしろ 消費者心理学



経営者は、よく学習する必要があるだろう!!


コーヒー好きが、コーヒーショップで経営が成りたたなくなった時代と


まったく同じ理論である。

身内商売は、知り合いや友人などからの支援で成り立っているが


3年限界説がある。


a0266240_21454161.jpg



a0266240_1445418.jpg



蜘蛛の巣的商売では家賃と人件費で



経営がより、圧迫して自滅していく


a0266240_15224495.jpg


a0266240_1384420.jpg


小売店がさらに、加速していくものと考えられます。




現在アメリカ古着店で、売れ筋となる商品は、安価なブラランドシャツ(4000円~5000円)程度の商品


(この4千~5千円でも、相当無理して出費している)


a0266240_11423968.jpg


パタゴニアのフリースジャケット(10000円以内)のかなり程度の良い商品などで


a0266240_11425416.jpg



新品で買うには、ちょっと高いものが、古着なら買えるからという理由が、もっとも多い!! 

a0266240_11164841.jpg


このように、スリフトから集めてきたベール買いのようなレギュラー物の古着は、今後は市場からは

消えていき、1ドル~5ドル前後で仕入れたアメリカ古着が以前のように何倍もの値段で

売れる時代は崩落した。古着屋さんで、生き残れるのは相当、恵まれた

優良顧客と長年の付き合いのある良いバイヤーとの取引がなければ、

あと1~2年で


閉店するでしょう!!そのくらい今は厳しい業界です。

a0266240_23101247.jpg


a0266240_136913.jpg


小売店の販売する側と商品を模索する消費者との視点の


ズレが


現在の状況では、ないでしょうか? みなさんは如何思いますか?

補足説明 このズレを解消できない小売店は、さらに厳しい年になることでしょう!!


アメリカ古着店の末期をここ数年間で多数見てきました。

a0266240_1313613.jpg



仙台では、最高時期で約90店舗ありましたが、現在は約10店舗前後でしょうか?

なぜ?これだけ激減したか、ご存じでしょうか?

a0266240_13263788.jpg


これに気が付かなければ、やはり生き残りは難しいと認識致します。


a0266240_028518.jpg
a0266240_0281792.jpg
a0266240_0285320.jpg

a0266240_031581.jpg




 



a0266240_11311847.jpg


a0266240_0275747.jpg

個人消費の低迷


アパレル業界の過去の推移を見ますと、平成15年以降拡大を続けてきましたが、

18年から19年にかけて鈍化、19年からは減少に転じています。

経済産業省「08年商業販売統計」によると98年から大型小売店の衣料品販売額は減少を続けています。


平成22年3月決算(他時期決算企業あり)ではファーストリテイリング、

しまむらを除く上位7社が対前年比マイナスの売上高を記録。

アパレル業界は苦しい局面を迎えています。

アパレル業界が苦戦を強いられている主な原因としては、

個人消費の低迷、百貨店の業績不振、消費者の


消費価値観の変化などが挙げられます。 


a0266240_0541278.jpg
a0266240_0542885.jpg


a0266240_0283755.jpg

これは、最近の経済新聞の記事である!!


これを皆さんはどうとらえるか?


11月のユニクロ既存店売上高、13.7%増=寒さで冬物衣料好調

 カジュアル衣料大手のファーストリテイリング

主力ブランド 「ユニクロ」 の11月の国内売上高(既存店)が


前年同月比13.7%増だったと発表した。

気温の低下で発熱保温肌着「ヒートテック」やダウンなどの冬物衣料が好調だった。



プラスは3カ月ぶり。

a0266240_1393797.jpg


a0266240_1483036.jpg


a0266240_14104116.jpg


 




a0266240_1149435.jpg



FUJIYAMAホームページは 下記のアドレスからホームページに移動します


http://samplefujiyama.web.fc2.com/




ビンテージ古着通販ランキング


ビンテージ古着通販ランキング


にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
にほんブログ村


アメリカ古着・USA
アメリカ古着

by fujiyama50s | 2013-03-04 10:23 | 50s店長日記 (43) | Trackback

6.アメリカ雑貨 バイク額入りポスター 仙台アメリカヴィンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ

6.アメリカ雑貨 バイク額入りポスター入荷 

仙台アメリカビンテージ古着店  FUJIYAMA ブログ




1970年代頃のバイクのポスターのご紹介です


サイズは、すべて A4サイズです。


額付ですべてラミネート加工されてますの、劣化しにくいです。


こちらの商品は新品です。



実際の店舗はございませんので、ホームページ・ブログからの


メールにてご注文・お問い合わせ お願いいたします


●お振込みの場合


ホームページからご注文いただいた後、こちらからお送りいたします

メールをご確認いただき、お支払い(お振込み)となります。




お問い合わせは、こちらよりどうぞ


バイカーナンバー26

a0266240_10453295.jpg


a0266240_13351488.jpg



バイカーナンバー27


a0266240_10455059.jpg


a0266240_13352545.jpg



バイカーナンバー28

a0266240_10473021.jpg


a0266240_1335375.jpg



プライス 1個  1000円  送料 390円 (1個の送料です) 


今後このシリーズを定期的に、ブログでご紹介いたします


★お支払方法


•銀行振り込み (七十七銀行)

•郵便振込み   (ぱるる)



ご注文の場合は、商品 ナンバーの番号を記載くださいませ。

3枚まとめてですと送料は無料です。

  ●商品の在庫は常に変動致します


 何卒ご理解の上、ご了承下さいませ。




仙台FUJIYAMAホームページに移動します


宮城県公安委員会古物許可番号  第221000000756




 TMコーポレイション 





アメリカ雑貨 ヴィンテージ古着 などの通販サイトショップです



a0266240_216747.jpg

a0266240_10495067.jpg





ビンテージ古着通販ランキング


ビンテージ古着通販ランキング

by fujiyama50s | 2013-03-01 11:13 | 70sアメリカ雑貨(26) | Trackback