コイン 1枚 ギンギンに 鳴り出す 45回転! アメリカ ビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ 

コイン 1枚 ギンギンに 鳴り出す 45回転! 


アメリカ ビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ 



a0266240_1917967.jpg







最初の レコードは 78回転 超スピード回転!!

鉄の針で 落とすと 割れる レコード!!

そんな 昭和30年代から 始まった 


日本の第一次 ロカビリーブーム。


そのあと 塩化ビニールのレコードの48回転に 改善される。



発売されてた ロックンロールレコードは 1970年代の

オールディズ ブームの頃は オムニバスが 殆どでした。

現代と 大きな 違いは アルバムは 人気の アーテストの

ヒットソング中心 でした。

現在の ロックンロールと言うのか ロカビリー族の ダンスを見ると

そのほとんどが 腰をひねれらす ツイストではなく 80年代初期の

原宿表参道の ロック族風の 日本流に アレンジされたもので

あることが 伺えし得る。 本来 ツイストは 腰をくねらせ

ポパイ ・ マッシュポテト ・ワッシ などの 様々な手法の

ダンスパーティーが 多かった 1980年で 

あった記憶が あるが 現在は

それを 見ることが 少ない。 当時のレーベルに 見る

ロックンローラーは 原宿的では なく より アメリカに

近い 50年代後期 あるいは 60年代の ヒットポップスを

生み出した時代の クラシックアートで ありました。


カントリーミュージックがポピュラーだった 1950年代に

エルブスが 登場以後 ロックンロール人気に 押され

カントリーが 下火に なりました。

我々とて 高校生のまだ 17歳の頃 どれを 主体として

ロックンロールで ダンスすれば 良いのか 悩みました。


a0266240_20152246.jpg



原宿あたりでは AT THE HOP などが 有名でしたが


それらを 真似したとしても 何の意味も 無いと 感じ


ましてや 馬鹿騒ぎするだけの集団では 1950年代の


レーベルに みる 去りゆく面影の アメリカンドリームの


復活には 程遠いので 


カールパーキングス ・ ジョニ-キャッシュなど


色々 聞いて見ました。 だがどれも しっくりと いく音源は


見つからず 日々混沌と してました。


a0266240_2016469.jpg



グループを 造る以上 「 俺は 何も 知らない 」 では

話に ならない。 踊りだって 人に 教える立場でなければ

誰が どう踊る?  となり まとまりも 無くなる。


a0266240_20162161.jpg



当時のイメージを 自分なりに 考え アメリカの50年代の

イメージを妄想してみた。

コーラ ・ ホットドック ・ハンバーガー ・ スクター

ファンキージャズ ・ トランジスターラジオ ・BDシャツ

ダックテイル ・ジルバ ・モーターサイクル どんなことしたいか?

まず おなじ年の 女に 「 やるね? 」と 言わせたかったですね。


今 考えると 「 あんたたち  どうせ暴走族と 同じでしょ?」 と

言われるのが 頭に きただけかも 知れない。

モテたいと言う イメージは この段階では 有りませんでした。



あるいは 親が お堅い職業の関係上 世間から

見られる ストレスの発散だったかも しれません。



いずれにせよ  地元界隈の 女には 見切りを 付けて

おまえら!! 見てろよ!! という なんとなく 悔しさが

あったので 現在の ブログに掲載してる 様々な雑誌からの

資料を 集めてみました。

続く。




a0266240_2013462.jpg

by fujiyama50s | 2015-10-31 20:16 | 50s店長日記 (43) | Trackback

トラックバックURL : http://fujiyama50.exblog.jp/tb/21791779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。