ダウン・タウン・フーズと TEDDY BOY アメリカ ビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ

ダウン・タウン・フーズと TEDDY BOY 

アメリカ ビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ



a0266240_1847535.jpg


a0266240_23213242.jpg








ほぼ 死語に 近い言葉の ご紹介です。


ダウン・タウン・フーズとは・・・・食べ物では ありません。
 

1954年 (乱暴者)マーロン・ブランドから~


(ウエストサイド物語) 1961年 アメリカ映画 までの 典型的な


アメリカ型 チンピラ スタイルを 意味します。



ヘアースタイルは ポンバ ドール ・ リーゼントPompadour などで


モーターサイクル スタイル と ボマー・タイプに 別れる。


a0266240_2322283.jpg




光沢のある 表皮で 色は 黒!!


又は アメリカバイクチームは レザーの


エンブロイダード・ジャケット (刺しゅうされたジャケット) 

あまり使用しない言葉



刺繍入り ジャンパー着用致します。


a0266240_22513016.jpg




これらが ダウン・タウン・フーズと呼びます!!




それに 対して ロンドン TEDDY BOY 


TEDDY は エドワード7世の愛称のことです。


つまり TEDDY BOY とは エドワード7世時代の


エドワード・ジャケットに スリムな スラックス・細いネクタイ


ゴム(ラバー)厚い底上げシューズの組み合わせた


エドワーディアン・スタイルのことであります。


a0266240_1933177.jpg



a0266240_18545836.jpg







そして 和製ロックンロールは 1958年頃に 日本に


渡り 現在の ロカビリースタイルと パンクファッションが


発端と なり 1976年頃から 日本 特に 原宿を中心的に


繁栄され 1978年頃から パンク&テッズ スタイルを


配信されて ロカビリー&ロックンロール そして


ダウン タウン・フーズの 融合が 1975~1980sで 有ります。


a0266240_2382677.jpg




1958年の 第一期 ロカビリースタイルは


赤のフランネル・ブレザーと股上の深い 白のウール・ギャバジン


スラックス(形は マンボ!!)に 黒 x 赤の サスペンダーで 飾る

のが 当時の 流行りの ようでした。


この時代から 原色をふんだんに 取り入れ 赤・黄色・ブルーなど


原色系が 目に 付いた時代だったそうです。



ですから 現在のパンク&ロカビリーは 1977年頃から


ロンドン・アメリカ・和製1958年ロカビリー・バイカー・キャロル


など ゴッチャに なり それを当時は 知らずに 大流行して


1つの 50s = リーゼント = ポンパドール Pompadour という
 

大きな 日本流の風土に なってしまった訳です。







a0266240_1848981.jpg

by fujiyama50s | 2016-04-16 22:48 | 50s店長日記 (43) | Trackback(1)

トラックバックURL : http://fujiyama50.exblog.jp/tb/20556149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-03-17 04:26
タイトル : オペラとオペレッタとミュージカルの違い
レハール『メリーウィドウ』 Operetta: The Merry Widow 『メリーウィドウ』を見て、改めてオペラとオペレッタ、ミュージカルの違いを考えさせられました。最近は『アイーダ』のようなオペラ演目もミュージカルで上演していますが、その違いはどこにあるのでしょう。The Merry Widow is an operetta by the Austro-Hungarian composer Franz Lehár. The librettists, Viktor Léon and...... more