2014年 新たなる小売店の挑戦と戦術 アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ

2014年 新たなる小売店の挑戦と戦術 

アメリカビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ




仙台アメリカビンテージ古着

通販専門店 FUJIYAMA






a0266240_20202075.jpg



a0266240_11485070.jpg

 


さて あまりにも くだらな内容が 多いので 

少し まともなことも 書いて見ました。




さて 2014年と言う 新たな転換期を迎えた 

市場動向は 又と無い時期かも しれません。

特に仕入れに関しては インターネットで 海外から仕入れ

も簡単になり 一般の方々でも セイカイモン などの

海外流通ネットを通じて日本では 流通不可能な商品も 

簡単に入手できます。一昔前までは バイヤーが長年かけて

見つけて交渉してたブローカーとの契約も 

値崩れした結果 インターネットで流通できたほうが 

売り上げも上がるので バイヤーオンリーの


ブローカーも 最近は減少傾向だとか。

アジア市場で世界中の衣料品店チェーンの競争が過熱している。

世界的なブランドを持つ欧米大手が攻勢をかける



a0266240_11571408.jpg



オリジナルブランドの利益率は、どのくらい?


大手だとロット数を増やすことで原価を抑えられるので、

8割位の利益率にもなったりします。


2014年のお客様は どこにいるのか?

不況や天候もありますよね。今は、

お客さんがお金の遣い方を慎重になっていたり、

オシャレになってきて、自分で選べる時代に

なってきましたからね。

a0266240_12022391.jpg



アパレル会社に勤める唯一の特典は、

自社製品の社内販売だろう。社員であれば家族も

含めて会社の製品を、売値の半額以下で買える。


アパレル業界の労働条件は厳しい。とにかく残業が多い。


特にデザイナーやパタンナーは、季節物を扱うために、

ピーク時は深夜のまで残業させられるこも しばしある。


ピーク時のデザイナーやパタンナーは、

想像を絶する忙しさの中で自分の仕事をこなしている。

営業にしても企画にしても、大半が20代~30代で、

とても定年まで続けられる仕事じゃない。

それほど 過酷だし 半端な業界では ない!!

イメージとは だいぶ違うんですよ!!


a0266240_12025554.jpg


アパレル業界は外から見ていると華やかなイメージが

ありますが、実際には様々な人間関係や

コミュニケーションが必要なる世界です。


アパレル業界へ就職する人は、社会の動きと流行の

スピードに乗り遅れない決断力と物事の分析力が

必要なので、そのための知識と感性を常に磨いて

おくことが必要でしょう。



個人の売り上げ目標などがある店舗だと、

店員同士のいざこざもよく聞きます。

吾輩は 営業と倉庫の在庫管理などをしてましたが

店舗での トラブルなども対応しなくては なりません。



a0266240_12094649.jpg



ブランドの名前だけでものが売れる時代は終わりを

つげたと言っても過言ではない。

アパレル業界もただブランドを引っ張ってきて

提供するだけでは売れなくなってきているのである!!



ファストファッションでひとつだけ良いものを

身につけていればよいと言った風潮がトレンドである。



安くてよいものを消費者は賢く選択できるようになり、

全身をブランドものでまとめるといった

バブル期のような人はあまりいない。


そもそも、テキスタイルとは、織る、編むなど、

布地を表す言葉です。

テキスタイルデザイナーが作った布地は、

ファッション業界だけでなくインテリアなど、

様々な分野で使われています。


デザインされたテキスタイルは、服飾やインテリア、

または、乗り物の内装などにも使用される。

アパレル業界というと華やかなイメージはないでしょうか。



テキスタイルデザイナーは、布地や織物のデザインは

もちろん、染色などを行い繊維そのものを作り出す、

織物のプロフェッショナルです。



一般的に、ファッションやデザインの専門学校や

工芸関係の学校を卒業してからテキスタイルデザイナーに

なることができます。


吾輩も 原宿時代に 夜間の文化服装学院に 通って

テキスタイルデザイナーを目指した時期が ありましたが

㈱上野商会の入社により 仕事優先となり 途中であきらめました。 

仕事が ハードで 学校へ 通う時間が 有りませんでした。


現在2014年は 消費者は非常に物事をシビアに

判断するようになり、

お洒落だからとバイヤーに与えられた服で

コーディネートするといったことにあまり価値を

見いださなくなってきたように思う。



ユニクロの新卒離職率は5割程度 で

先日、そんなニュースが話題となったが、

アパレル業界の就労事情は決して良いとはいえない。



今の状況を把握する1つの方法として円安ドル高傾向。

海外からの素材、労働コスト、マージン、

これらが高くなることで、販売価格も上がる。


ファストファッションブームが一段落する一方、

品質重視の消費者層が主流 になってきた。

高品質の商品や機能性商品、また細部にこだわりのある商品

などを提供するブランドが好調である。












a0266240_12321541.jpg

a0266240_12323049.jpg
a0266240_12331671.jpg




by fujiyama50s | 2014-07-20 20:17 | SOLD OUT 商品(37) | Trackback

トラックバックURL : http://fujiyama50.exblog.jp/tb/19471176
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。