喧嘩は ご法度なチーム同士の掟!! アメリカビンテージ古着通販専門店 フジヤマ ブログ

喧嘩は ご法度なチーム同士の掟!! 

アメリカビンテージ古着通販専門店 フジヤマ ブログ


a0266240_1321443.jpg




当然の話ですが 1980年頃 仙台勾当台公園は

元より チーム同士のトラブルは 

無いように お互いのロックンロールチームは 

喧嘩は お断り という

暗黙の掟が 在りました。

a0266240_19020437.jpg



それは 原宿も 同じようであった。
 

別の高校の同級生の お友達が

 
原宿のローラーグループの ブラックシャドウー

というチームに いたようで、場所などの

 
配置も すべて決まっていたようだ。


話は 変わりますが 吾輩たちの時代は
 

アメリカ古着のメーカータグとか
 

ステッチとか ジッパーがどうとか
 

あまり詳しく知らないし 興味もなかったので


アメリカ古着が カッコイイのか?どうか?


の基準で 購入の動機付け
でしたので、

FUJIYAMAの開店後に

かなり詳しい人が 入店して来て

ノウハウだけは やたら詳しいが 

結局 購入しないパターンが 多く正直 

そこまで コダワリ過剰反応のお客が 来ると殆ど


接客しませんでした。


a0266240_19075466.jpg





吾輩達の時代の 古着屋さんは 

殆ど お客が 入店してきても、本を読みながら

{ いらっしゃい!! }で 終わり。

仙台でも 名物 ウエスタンショップが 

大町という仙台市内の中に ある 

お店が あったんですが お店に 行くと 

炭火でカウンターとなりで 焼き肉を焼いて 

食べてる 有名な ウエスタン親父が いました。

入店すると {いらっしゃい!!} 「こんちは!!」

あとは ひたすら ラムの焼き肉を焼き 

煙が 店内に

モンモンとある状態での 服を見る状態で 

広げたシャツを 雑に畳んで 置くと 

{おい?ちゃんと たたみ直せ!!} と言われたり

「 これ ください 」と

レジに 持っていくと {お前に この色は 似あわな

いから この色のほうが いい}と言われて しぶしぶ

購入した記憶が ある。

勿論 この平成大不況の7~8年前に 

閉店しましたが。

夏は 仙台七夕の時 よく 仙台牛タン音頭をかけて

路上で テーブルを出して ビールを仲間うちで 飲ん

で 陽気に していた あの人は 


今何をしてるんだろうか?


a0266240_12321541.jpg


a0266240_12323049.jpg


a0266240_12331671.jpg






 



by fujiyama50s | 2016-04-16 22:44 | 50s店長日記 (43) | Trackback

トラックバックURL : http://fujiyama50.exblog.jp/tb/19377833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。