ロカビリースタイルとグリーシースタッフキッズは 違う!アメリカ ビンテージ古着店 FUJIYAMA

ロカビリースタイルとグリーシースタッフキッズは 違う!

仙台ビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ


アメリカビンテージ古着店
通販専門 FUJIYAMA

a0266240_117615.jpg



平成26年 4月15日 をもって 

アンティーク通信販売事業を終了しました。


a0266240_18303280.jpg

そもそも リーゼントスタイルと言う 名前は 

ロンドンのリージェント ストーリーから

名が付いているので、正式には 


ロンドンTEDSからが 由来である。

しかし アメリカでは リーゼントスタイルとは 言わず 


ダックテイルスタイルと呼ぶ。



では?何が どう違うのか?



同じロックンロールのリーゼントスタイルでは ないのか?



まったく 違うものです。 似てますが。



説明すると 長くなるので 写真で 説明しますと


こちらが ロンドンのテッズ(ティディーボーイ)スタイル



a0266240_2249427.jpg


a0266240_22211137.jpg



a0266240_222146100.jpg



a0266240_22224398.jpg



それに たいして アメリカの1950年代後半のいわゆる


グリーシースタッフキッズたちは 


ジェイムディーンのような ホッドロットが好きな

ティーンエイジャーたちのスタイルは


a0266240_22281846.jpg


a0266240_22294649.jpg


a0266240_22302632.jpg


a0266240_22315326.jpg


a0266240_22342053.jpg


a0266240_2236336.jpg





いわゆる カリフォルニアの地方都市に
 

1950年代に チキンレースなどに


夢中に なっていたグリーサー連中が そのスタイルの原型である。


「チキンレース」 は 「度胸試し」 


と云う意味で使われているようです。


崖に向かってバイクあるいは車を走らせ、


より崖っぷちで止めた者を勝ちとする



(ただし崖から落ちたら負け)、など。

1981年頃から ロックンロールから ロカビリー族へ 移行していきました。

この頃から ロカパンに ウッドベースのストレイキャッツの時代に

なっていき 現在の熱いロカビリーヘブンのロカビリーの最盛期に

なっていき、90年代頃から ロカビリー氷河期に なっていきました。

理由としては 刺青と過激な音楽スタイルでした。

反逆的なロカビリーは ロカビリーヘブンからは より過激で

刺激的なものを求められ スキンヘッドに チェーンと皮パンツと

分厚いラバーソール!! 行き過ぎたロカビリーに

我々世代は もう振り向くことは しなかった。

我々の同世代 もしくは 先輩たちは やはり1970年代の中期に

懐かしさを感じます。 それぞれの青春時代の差が 出てしまいました。


1970年代のロックンロールしてた同級生たちは 未だに

クールスとかキャロル 聞いてるんですよ!



1990年代 中期のお話でした。








あなたは どちらですか?



仙台FUJIYAMAホームページに移動します




a0266240_22424466.jpg
a0266240_22425237.jpg
a0266240_2243211.jpg
にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
にほんブログ村





ビンテージ古着通販ランキング


ビンテージ古着通販ランキング

by fujiyama50s | 2014-07-29 18:19 | 50s店長日記 (43) | Trackback

トラックバックURL : http://fujiyama50.exblog.jp/tb/17995600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。