キャロルとクールスの違い Hells Angels Forever アメリカ ビンテージ古着店 FUJIYAMA ブログ

キャロルとクールスの違い
Carol   Difference in cools 

Sendai United States
vintage old-clothes store  FUJIYAMA Blog



 仙台アメリカビンテージ古着

通販専門店 FUJIYAMA




FUJIYAMA 店長ブログだけを見たい方は、


右側の50s店長日記をクリック



a0266240_22174092.jpg



a0266240_21574935.jpg





▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽







これは、あくまでも私個人の見解ですが、どこか軟派な不良受けする

業務用リーゼントバンドという認識であります。


(あくまでも、私の個人的な意見です)



 

キャロルのヒットソング


夏の終わり  レディーセブンティーン ヘイタクシー ファンキーモンキーベイビー など多数あります。



a0266240_21171683.jpg


 

1975年頃 日比谷で解散ライブ  クールスが、解散ライブの護衛にあたった。
 






a0266240_21134729.jpg



a0266240_1957262.jpg


a0266240_21142915.jpg


a0266240_2011565.jpg


a0266240_201516.jpg


a0266240_2337581.jpg







▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽





キャロルは、クリームソーダとも関係があった。



新宿怪人二十面相で、キャロルが 出入りしてたらしく


人気も当時から凄くあったと聞いている。


キャロルのライブがある時は、長蛇の列が出来るほどあつまったようだ。

 


a0266240_2243258.jpg



キャロルの解散後に、クールスが音楽バンドとして、キングレコードから



(黒のロックンロール)のデビューアルバムを出すのだが、



よく誤解されるのは、クールスは、キャロルの弟分のような認識をもっている人たちが多いことに、驚かされる。

 あくまでも、このバンドの関係は 対等 
である。
 


a0266240_22315499.jpg



a0266240_23284734.jpg


キャロルは、音楽をやる為に、結成されたバンドに対しクールスは、

元々は、舘ひろしを中心に岩城滉一や、佐藤秀光の3人で原宿のレオンという喫茶店で、

オートバイチームを結成すべく 集めた 集団で、黒のイメージの

ロックンロールとオートバイをコンセプトに バイクのスピード感と ロックンロール

を武器に 原宿を中心に 17人のメンバーを集めて 舘ひろし の独裁チームとして

クールスのメンバーの証のカレッジリングが そのメンバーである証拠であり

結成式を行い、当時は 芸能人になる気は まったく 無かったと言う。


a0266240_21384814.jpg


a0266240_21401695.jpg



a0266240_23361256.jpg




1974年東京原宿 黒い革ジャンパーにリーゼント


黒い巨大なバイクを乗り回す集団がいた。


彼らのチーム名は   「クールス」



その集団のリーダーは「舘ひろし」


a0266240_19415564.jpg



そしてサブリーダーは「岩城滉一」



彼等は、原宿で


似たような風貌の連中を面接して、血判書にサインをして

舘ひろしの独裁チームで、仲間にしてあつめた


メンバーとクールス自伝本に記載されいる。


(原宿ブルースカイ ヘブン)



a0266240_2136198.jpg



a0266240_22463172.jpg



つまり、音楽バンドをめざしていた訳でもなく、


ただアメリカのヒッピー暴走族
 

ワイルドワンのようなハーレーに


跨る日本の ヘルスエンジェルス のようなグループであった




a0266240_19512241.jpg


原宿は今ほど賑やかではなかったが、

わりと業界人やカメラマンなどオシャレな大人が集まる


閑静な住宅街だったところに


クールスが20人くらいであつまると、


非常に目立ってマスコミからたびたびインタビューを受けて有名に


なっていったようである。




だが、岩城滉一は、バンドには参加しなかったことから



他のメンバーとの間に、溝が出来て、徐々に 舘ひろし たちとは


行動を別々にとるようになり、



キャロル解散後は、芸能界入りのキッカケとなる、


映画出演とバンドと


決裂し離れていくことになったと記載してある。



a0266240_22352285.jpg
 


その後、他のバンドメンバーとも、折り合いが悪くなり、


舘ひろしも、クールスを2年弱で、脱退となった。



しかし、時代はまだクールスを必要としていた。 


レコード会社が、クールス解散後

間髪いれず、クールスロカビリークラブと改名しすぐさま 



ファーストアルバムをだした。

 
 


a0266240_19245740.jpg






a0266240_1957373.jpg

a0266240_1143771.jpg






こんな紹介記事がる。 当時物である。 



a0266240_2353124.jpg
a0266240_2354057.jpg








どちらかと言うと、キャロルの解散後にデビューしたクールスは、


キャロルよりも吾輩たちからすれば、カリスマ的存在であった。



理由その① キャロルとは、同じリーゼントスタイルではあるが、



歴然としたカッコ良さがクールスはあった


a0266240_19145880.jpg


理由その② クールスの音楽は、キャロルとちがい


不良的音楽リズムとセンスの違いがある。

理由その③ キャロルは、普段リーゼントスタイルでは、


なかったそうだ。クールスは、普段からあの風貌で、


皮ジャンからオートバイに至るまで、





現在のチョッパースタイルをいち早く日本に取り入れていた。


a0266240_211936.jpg


a0266240_2120751.jpg


a0266240_2364812.jpg



女受けは、キャロル 不良受けは、クールスの違いがある。



a0266240_19182399.jpg



キャロルは、どことなく甘い感じのメロディーに対し、


クールスは、リズムのスピード感がとても良く、




バイオレンス的なルックスに当時の暴走族全盛期の


昭和52年~55年あたりで、

中学・高校時代を過ごした今の49歳~52歳位のおじさんたちは、



黒の単車に乗りCB400(HONDA) カワサキKH400  


ホーク2 などの自動二輪を乗り回し革ジャン・


リーゼント・サドルシューズなどのイデタチで、

意気がっている時代で当時は、かなり不良青春だった。



その影響は、やはりクールスの音楽デビューあたりから急速していった。


それまでは、フォークソングや歌謡曲などの大学のサークルのような


感じの音楽ばかりだった。

 



a0266240_12211265.jpg



クールス解散後、舘ひろしは、プレイボーイの取材で単独 、


ニューヨークにて当時のヘルスエンジェルスなどの取材もしている!!

 




a0266240_0204269.jpg




a0266240_0213037.jpg






a0266240_1953452.jpg






クールスの完成されたスタイルを検証できる映像があります。










この当時こんなスタイルしてるチームはいませんでしたよ!! 



お断り  これは あくまでも当時の吾輩の 思い出 話としての


ブログです。


これは、あくまでも個人的な意見ですので、



商品を推奨するためでは、ありません。
 









a0266240_10243597.jpg


a0266240_221022.jpg


a0266240_221207.jpg


Hells Angels Forever


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽








仙台FUJIYAMAホームページに移動します




お知らせ

FUJIYAMAホームページが !終了します!





a0266240_19594927.jpg


a0266240_12551265.jpg


a0266240_12552849.jpg


a0266240_1256119.jpg








にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
にほんブログ村




ビンテージ古着通販ランキング


ビンテージ古着通販ランキング

by fujiyama50s | 2014-10-31 22:03 | 50s店長日記 (43) | Trackback

トラックバックURL : http://fujiyama50.exblog.jp/tb/16774444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。